あのホンマ製作所が組み立て式薪ストーブを出している件!フォールディングキャンプストーブ HS-440をレビュー!

暖房器具

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

こんにちはー!

管理人のゆーです!

暑い日が続きますが、そんなときこそ秋冬キャンプに向けて動き出すことが大事だと思っている私です(笑)

なぜなら、昨今のキャンプブームで人気の季節ものは品切れしがちだからです。

そういうわけで、今日は季節外れですが、私の大好きな薪ストーブの話題です!

なんと、あの薪ストーブで有名なホンマ製作所から組み立て式の薪ストーブ「フォールディングキャンプストーブ HS-440」が販売されたということですので、そのレビューをしてみたいと思います!

ホンマ製作所ってどんなメーカー?

まず、ホンマ製作所って何?という方向けに簡単に説明してみます。

ステンレス 時計1型薪ストーブセット ASS-60

この↑時計型薪ストーブを販売しているメーカーです

これで説明終了しても良いと思う位有名なメーカーですね!

昭和49年から薪ストーブやかまどなどを製造している老舗メーカーです。

キャンプが流行る前から、ホームセンターの一画で販売されている昔ながらの薪ストーブですね。

ゆるキャン△で使われた薪ストーブもおそらくこれかと思われます。

ソース画像を表示

鋳型の本格的な薪ストーブまで製造しているメーカーです。

薪ストーブ HTC-50TX

私もキャンプ用薪ストーブの購入を検討するとき、ホンマ製作所の薪ストーブを検討したのですが、収納サイズや窓のサイズなど、なかなか条件を満たさずやむなく却下ということを繰り返していました。

品質・性能については、他メーカーよりも素晴らしいものと個人的に確信しています!(笑)

フォールディングキャンプストーブ HS-440の基礎スペックを確認

そんな中、ホンマ製作所がアウトドア用の新しい薪ストーブ「フォールディングキャンプストーブ HS-440」を商品ラインナップに加えました。

その名前のとおり折り畳み・組み立て式の薪ストーブです!

フォールディングキャンプストーブ HS-440

大きな窓が最高すぎますね…!

HS-440

二次燃焼機能を搭載しているので、炉内もかなり高温になりそうです。本格的な冬場でも暖かそうですねー!

横幅も長く、一般的な薪の大きさである40cmを余裕でクリア!

メーカー推奨ではありませんが、テントに備え付けて使用する場合の煙突高さも2mを超え十分な高さです。

組み立て方法は下記のとおり公式動画で紹介されています。工具も必要なく、ただはめ込んでいくだけでOK!

テレビ番組でも紹介されているようです!

ライバルは笑’sの折りたたみ式薪ストーブ!?

さて、類似商品は他のメーカーからも出ていて、その筆頭は

笑’sの「笑’sフォールディング薪ストーブ 焚き火の箱G-neo」になるでしょう。

具体的に何が違うのか、徹底比較してみましょう!

まずはスペックを比較してみます。

ホンマ製作所 フォールディングキャンプストーブ HS-440 笑’sフォールディング薪ストーブ 焚き火の箱G-neo
本体サイズ 約476mm×337×420mm 約490mm×235mm×380mm
炉サイズ 約460mm×320×230mm(推定) 約390mm×220mm×165mm
煙突 2120mm、φ100mm(別売りで延長可) 別売り:MAX3300mm(折り畳み式)
収納サイズ 記載なし 約400mm×230mm×70mm(煙突別)
材質 本体、煙突:ステンレスSUS430
天板のみ:鉄
ステンレス
重量 11.6kg(煙突等込みで16.9kg) 5.3kg(煙突(2,500mm)込みの場合だと8.6kg)
価格 59,800円 53,900円(煙突(2,500mm)込みだと
70,400円)

※ホンマ製作所の炉サイズは推定値です!

本体サイズ、炉サイズから考えるとややホンマ製作所の方が大きめですね。

しかしながら、一般的な市販サイズである40cmの薪が安定して入るというのは非常に大きいです。縦横ともに大きめなので薪を一度にくべられる量も多く使い勝手は良さそうです。

煙突は別売りじゃない分ホンマ製作所の方がありがたいですね!

ホンマ製作所の煙突はアウトドア用薪ストーブでよくある積み上げてセットする円筒型、一方で笑’sの煙突は独特な折り畳み型です。

ホンマ製作所はセッティング・片付けが楽ですが、収納性が良くないのが特徴。

笑’sはセッティング・片付けが大変ですが、収納性が良いのが特徴です。

一長一短だけど、個人的にはこういう変わったギミックの煙突(折り畳み式、巻煙突など)は収納のメリットより、設営撤収のデメリットが大きい(実体験)と感じたから、ホンマ製作所の煙突の方がありがたいかな!

収納サイズについては、ホンマ製作所に具体的な記載はありませんが、笑’sの方が煙突も折り畳み式ですし、炉も小さめだからコンパクトにまとまるでしょう。

重量は圧倒的にホンマ製作所の方が重いですね…これは悪い点のみではなくて、その分ステンレス板が厚いという解釈もできますので、熱による変形にも強いと考えられそうです。

価格は煙突等を考慮すると、ホンマ製作所の方がコスパが良いですね!

私個人の見解だと、ホンマ製作所の薪ストーブの方が、笑’sよりコスパ・使い勝手が良く、私好みの作りをしていることが分かりました!

ホンマ製作所の薪ストーブに改良を期待するところ

上記に述べた通り、かなーりいい感じの薪ストーブに仕上げてきた感じですが、2点ほど「こうしてほしかったな~」と思うところがあります。

それは

  • SUS430ではなく、よりサビにくいSUS304を使ってほしかった点
  • ダンパー(火力調節機能)を入れてほしかった点

の2点です。

1点目、SUSの種類ではSUS430より、SUS304の方がサビにくい(ただし加工が難しく、高価)と言われています。高価のものの分、よりサビにくい材質で作ってもらえればと思いました(笑)

まあでも、SUS430でもサビることはほとんどないようだけどね!(笑)

2点目、ダンパー(火力調節機能)は組み立て式薪ストーブで取り入れている薪ストーブを私は知りませんが、だからこそ挑戦してほしかった…!(笑)

組み立て式でないアウトドア用コンパクト薪ストーブにはついているモノもいくつかありますが、やはり便利です!

この2点は改良に期待ですね!

まとめ

以上、グダグダと述べてきましたが、こうしてほしかったという改良点はあるものの、かなり高水準でまとまった組み立て式薪ストーブになっていると思います。

場合によっては、秋冬キャンプブームの動向によっては品切れになる可能性も…?

と個人的には思いますので、思い切って買っちゃうのもアリかと思います!

それではー!

暖房器具
スポンサーリンク
yuich.k0917blog@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆーのキャンプギア発掘

コメント

タイトルとURLをコピーしました