SOTOのHinoto(ひのと)をついに入手したので使い心地を徹底レビュー!最高のランタンだった件!

ランタン

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

こんにちはー!

管理人のゆーです!

今日はついに、SOTOのひのとを定価で購入することができました!

そこで、早速ですが実際に使ってみた感想を記事にしてみようと思います!

購入を検討している方はぜひ最後まで見ていってください!

ちなみに今なら定価で↓リンクから購入できますよ!

そもそもSOTOのひのとって何?

そもそもSOTOのひのとって何?という方へ

簡単に言うと「CB缶から燃料ガスを充てんできる、ガスランタン(コールマンのルミエールランタンと似たような商品)」です。

  • CB缶から燃料ガスを充てんできるので運用費が安く済み
  • コールマンのルミエールランタンのように雰囲気たっぷりでキャンプをより素晴らしいものにしてくれる

そんなランタンなんです!

スペック等についてはブログで何回か紹介をしていますので詳しくそちらから!

SOTO「Hinoto(ひのと)」がリニューアル(値上げ)して新発売!変わったのはケースのみ?
人気の嗜好性ガスランタンSOTOのひのとがリニューアルするという記載を公式HPで見かけたため、何がどう変わるのか調べてみました。変更点は価格とケースの有無のみ。それに伴うメリット・デメリットを分かりやすくまとめました。
他のキャンドルガスランタンと徹底比較!CB缶ユーザーにはキャンドルガスランタンのSOTO「ひのと」がおすすめ!
キャンプに良い雰囲気を醸し出すキャンドルガスランタンであるSOTOの「ひのと」についてのレビューになります。CB缶からガスを充てんできる専用タンクが付属しているため低コスパ、省荷物化ができる優れもの!他のキャンドルガスランタンと比較しながらのレビューです!

いざ開封!

さて買ってきたので、実際に開封してみました!

セット内容はこんな感じ。

持ってみるとしっかりと重さがあり、ガスタンク部分もサラッとした手触りで質感も良く、安物感は全くしません。

すくなくともフュアーハンドランタン(ジンク)の質感(安物感)よりははるかに良い…!

そして気になっていたケースはこんな感じ。

想像よりしっかりしたケースでした。イメージとしてはかなりしっかりした眼鏡ケースのような感じ…?

うまく伝わらないかもしれませんが、ホヤ、ガス缶部分がピタッとハマリ、これに入れておけば余程雑に扱わない限りガラスが割れることはないでしょう。

別売りのスタピライザー(ランタンを安定させる足)もピッタリ収納できるような作りになっていました。

コールマンルミエールランタンの白いカバーケースよりはしっかりしてます(以前コールマンのルミエールランタンをケースに入れていたが割ってしまった人間の意見)。

ルミエールランタン

実際に使ってみた結果…かなりいい感じ!

夜になったので、実際にガスの充てんから着火までやってみました!

ガスの充てんはCB缶を上にしてガス缶にくっつけて充填するだけで非常に簡単!

8秒程度で充填終了しました!

あまりやりすぎると液化したガスが出てくるから注意だね!説明書によると液化したガスが出たタイミングがガス満タンの合図とのこと!

そしていざ着火~。

着火点はないため、着火マンやマッチでホヤの上側の空洞から火をつける必要があります。

実際には簡単に着火!

暖かなオレンジの光が非常に癒されます~(横にあるのは手作りのラベンダースティックです(どうでもいい))

火をつけて暗くして初めて気づきましたが、ガラスの内面がちょっと汚れていたのでメガネクリーナーなどでふきふきしてやらねばなりませんね(笑)

引きでとるとこんな感じ、明るさはほどほど、フュアーハンドランタンの4分芯程度の明るさでしょうか。

これのみでは明るさが物足りませんが、テーブルに置いて手元を照らすには十分。

揺れるオレンジの炎が非常に良い味を出しています。

写真を撮り忘れましたが、火力の調節もできました。本当に小さなロウソクレベルの炎から、4分芯レベルの炎まで、かなり調節の幅が広いです。

炎がホヤから飛び出るくらいまでガスを出すこともできましたが、危ないので止めておきましょう(笑)

良かった点、悪かった点

スペックのみで購入を決めましたが、実際に使ってみて良かった点悪かった点は下記のとおりです。

良かった点
  • 想像以上にランタン本体の質感が良い。手触りがあり重量感があるガスタンク、シルバーの塗装が良い感じ。ガラスの質も良い
  • ガス充填が非常に簡単、着火も非常に楽、火力の調節も可能です。
悪かった点(ほとんどないですが強いて挙げるなら)
  • ホヤのガラスが少し汚れていた(点火して暗い場所で見ないと分からないレベルですが)。ちなみにメガネクリーナでふき取ったらすぐに綺麗になりました。
  • スタピライザー(ランタンを安定化させる足)が別売り(2,000円)

といったところです。

個人的には、ランタン本体の質感がとても良いのが嬉しかったです。やっぱりこういう嗜好品はなんといっても質感が大事です。

使い勝手も文句なし!オイルランタンに比べたら運用は格段に楽で、低コストで運用も可能なのが本当に嬉しいところです。

8,500円払ったかいがあるというものですねー!

後は、先ほども述べましたが、ホヤのガラスに白い液的の小さな跡(火をつけないと分からないレベル)があったのが少し気になりましたねー!

でも、ふき取ったら簡単にきれいになりました。

できればふき取って出荷してくれるとありがたいかなといったところです。

スタピライザーは今のところ購入予定はありませんが、アウトドアで実際に使って必要そうだったら購入検討ですね!

まとめ

久しぶりにキャンプギアを買いましたが、ずっとほしかったものが手に入るとやはりうれしいですね!

これから我が家の雰囲気重視の時に使用するランタンの主力はこれになりそうです!(笑)

どうやらネットでの在庫もかなり出てきたようですので、雰囲気重視のランタンを探している方は購入を検討してみてはいかがでしょうか?

それではー!

ランタン
スポンサーリンク
yuich.k0917blog@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆーのキャンプギア発掘

コメント

タイトルとURLをコピーしました