【コンセプトは○中身は△】コールマンのソロキャンプスタートパッケージをレビュー

カトラリー、料理器具

コールマンから「ソロキャンプスタートパッケージ」という商品が販売されているようです。

コールマン曰く「これさえあればソロキャンプも簡単にスタートできる!」とのことですが、果たしてどうなのでしょうか。

ちょっと厳しめな目でレビューをしていきたいと思います。

購入を検討している方は参考にしてみてください。

ソロキャンプスタートパッケージの中身は?

では具体的に何が入っているのか見ていってみましょう。

下記の品が一式揃ってメーカー希望小売価格は76,800円です(実際は楽天等で55,000円程度で販売されています)。

なおバラで買うと84,060円ですね

ただ1つ1つの商品も楽天やAmazon等で見るとだいぶ希望小売価格よりお値下げされていますが…(笑)

メーカー希望小売価格でみると約7,000円程度お得です(あまりお得じゃない?)

なお、下表の点数は100点満点で、あくまで管理人からみたキャンプギアとしてのコストパフォーマンスを踏まえた品質・性能・デザイン等を評価した点数になります。

なお点数は独断と偏見だらけなのであくまでご参考までにお願いします。

品名役割単品価格点数(100点満点)
オールインワンホイール収納用バッグ17,800円50
インスタントアップドーム/Sソロ用テント16,800円65
コンパクトインフレーターマット/Sマット8.980円80
コンパクトコルネット/L0シュラフ7,990円30
ファンチェア(コヨーテ)チェア2,990円50
コンパクトアルミテーブルテーブル4,480円85
ファイアーディスクTMソロ焚火台4,980円70
ファイアープレイスシート焚火台付属品2,990円70
アウトランダーマイクロストーブPZストーブ・バーナー5,790円75
パックアウェイ®ソロクッカーセットクッカー5,980円65
ラギットパッカウェイランタンランタン5,280円60

パッケージ内容を1つずつ解説

なぜ上記のような点数になったのか、パッケージ内容を1つずつ解説してみたいと思います。

オールインワンホイール

このパッケージの肝となる収納バッグですね。

背負えるし、キャスターも付いていて用具一式を収納できるという売り文句。

ただキャンプ場のような悪路でタイヤ幅の小さいキャスターがどこまで活躍できるか、そもそもトータル16kgの荷物を簡単に背負えるかという疑問が残ります。

コールマンのイメージ画像は下図のとおりですが、華奢な女性はなかなか背負えないでしょう。

個人的には実用性がなかなか見いだせないかな…と思って50点です。

こういう荷物運びは大きなタイヤが付いたキャリーワゴンで運んだ方が楽だと思います。

不要説は間違い!?WAQのアウトドア・キャリーワゴンが便利すぎてやばかった件【レビュー】
キャンプ用のアウトドア・キャリーワゴン不要説に踊らされて、今までアウトドアワゴンを購入していなかった私ですが、キャンプサイトと駐車場の長い距離の往復にうんざりしてWAQのアウトドアワゴンを購入しました。使い勝手が非常によく、もっと早く買っておけば良かったと思う一品でした。

インスタントアップドーム/S

よくも悪くも普通のソロ用ワンタッチテントといったところですね。

created by Rinker
¥16,800 (2022/12/09 14:54:17時点 楽天市場調べ-詳細)

両面メッシュ、前室ありですが、室内はかなり狭いです。

ワンタッチテントは簡単に設営できるのが良い部分ですが、このサイズ感ならメンテナンスの観点から、通常の自立式ドームテントの方が楽だと思います。

同一メーカーから出ているツーリングドームST、LXを差し置いて選ぶ理由がほとんどないと思いますがワンタッチテントとしてはそこそこなので65点です。

迷ったらこれ!?バージョンアップした2021版ツーリングドームLXがかなり良さそう!
以前からバランスの良いテントのツーリングドームLXが2021年版にバージョンアップしました。バージョンアップ後はそのバランスの良さが底上げされ全体的にかなりよくまとまったテントになっております。特に初心者には間違いなく進められるテントです!

コンパクトインフレーターマット/S

通常のインフレーターマットですが、厚さ6cmと流通しているインフレーターマットの中では比較的厚めで横幅もあり、かなりいい感じに仕上がっていますね。

私はインフレーターマットは空気を入れるのが大変で時間が取られるのがいやなので選択肢に入らず、クローズドセルマットを使いますが、インフレーターが好きな人は普通にコスパに優れる一品だと思うので80点ですね!

暑い夏こそ楽をせよ!クローズドセルマットが圧倒的におすすめなたった1つの理由
暑い時こそ楽をしないといけません!クローズドマットセルは他の種類のマットに比べて、とにかく簡単に設営・撤収ができる優れものです。その性質上寝るときのマット以外にも様々な使用用途があり汎用性も高いマットです。マット選びに迷ってる方の参考になるような記事です!

コンパクトコルネット/L0

使用下限温度が0℃の手足が出るシュラフらしいですが、せめて快適温度が0℃じゃないとシュラフを購入する意味がないと個人的には思います。

created by Rinker
¥6,480 (2022/12/09 15:29:28時点 楽天市場調べ-詳細)

このシュラフが活用できる温度帯ならば、ブランケットを被ったり、かけるタイプにもなる薄いシュラフ(モンベルのサーマルシーツなど)で十分ですし、これらは寒い時期にも使えるので、遥かに汎用性が高いです。

品質が悪いというわけではないですが、そもそもこのシュラフの温度帯の存在価値はあまりないと思っているので30点としました。

なお、これ1本持っておけば良いというシュラフは少し値が張りますが、カリンシアの化繊シュラフかモンベルのシームレスダウンが個人的にはお勧めです

Carinthia(カリンシア)のシュラフは渋いミリタリーシュラフ!モンベルバロウバッグとの性能差は?
ミリタリーなデザインが特徴的なCarinthia(カリンシア)のシュラフについてのデザインです。一つ一つ手作りで作られているというこのシュラフ。化繊バッグとして、モンベルのバロウバッグと比較してもコスパは遜色ないシュラフのようでレビュー等もまとめました。
答えは重ね着!?モンベルのシームレスダウンハガー800#2を中心としたシュラフ作戦!厳冬~真夏まで対応可能な使い方!
モンベルシームレスダウンハガー800#2中心とした厳冬~真夏のどんな場面でも運用可能なシュラフの選び方・使い方をご紹介します!キャンプの際に快適な睡眠をとるためには良いシュラフは必須です!おすすめのオプションも含め使い方も解説します!

ファンチェア(コヨーテ)

通常のよくあるチェアですね!代替品も豊富で、ホームセンター等でもっと安く買えると思います。

コンセプトがない中途半端なサイズ感で私はあまり好きではないのですが、まあ普通なので50点です。

(ちなみに私はコンパクトよりも贅沢に背もたれがついていてキャンプ場でゆったりできるチェアの方が好みです。

リクライニングチェアはどれがベストか!?コールマンレイチェア,キャプテンスタッグブラックレーベル,ホールアースステラのチェアを徹底比較!
今注目が集まっているリクライニング機能を備えた3種のメーカー(コールマン、キャプテンスタッグ、ホールアース)のハイバックチェアを徹底比較!それぞれの特徴を捉え、一番オススメのチェアをご紹介します。

コンパクトアルミテーブル

ソロ用としては程よいバランス、大きさ、安定感、重さでバランスが取れていると思います。

コンパクトにもなるしかなり良い品(このパッケージの中で一番有り?)と思われますので85点です!

ファイアーディスクTMソロ、ファイアープレイスシート

やや小さめですがよくまとまった焚火台セットですね!

燃焼効率もよさげで、地面保護もできる点は◎。

ソロ用の焚火台は折り畳み式や、ワンランク大きめで使い勝手のよいユニフレームのファイアグリル等がありますが、好みの部分によるので、70点程度になります。

アウトランダーマイクロストーブPZ

OD缶専用のストーブ・バーナーですね!

この分野はライバルも多く、目立ったところがない分安価にまとまっていますので悪くはないと思うので75点です。

ただ、コスパの良いCB缶を使用でき、オプションも豊富でより安価なイワタニジュニアコンパクトバーナーの壁が厚すぎる気もします(笑)

created by Rinker
¥3,950 (2022/12/09 16:47:54時点 楽天市場調べ-詳細)

パックアウェイ®ソロクッカーセット

小さめの鍋(400mL)と大きめの鍋(900mL)で5,980円はやや高めか!

探せば簡単にもっとコスパの良いものが見つかるという点と、まあ良くも悪くも普通ということで65点です。

ラギットパッカウェイランタン

良くも悪くも普通のランタンです(n回目)

探せばもっと安くてスマートなものもあります(Goalzelo、GENTOSなど)

ということで60点です。

1つのバッグにまとめるというコンセプトは有り

1つ1つ見ていくと、良くも悪くも普通のキャンプギア、特段コスパは高くないが、明らかな失敗もない、そんなキャンプギアの詰め合わせになりますが、こういったものをピシッと収納して、カバン1つでキャンプに行ける!というコンセプト自体は有りだと思います。

デザインもコヨーテカラーで統一されていてちょっとしたこだわりも感じます。

公式HPには下記のとおり書かれています。

  • ソロキャンプに必要なアイテムをひとまとめにし、迷うことなく直ぐにキャンプが始められる
  • キャンプ用品を一つのキャリーケースにまとめて収納できるから準備や片付けが簡単でそのまま保管ができて便利
  • 宅急便で送れるサイズだから車を利用しなくても近くのコンビニから発送可能(もちろん手運びOK)
  • キャリーケースに全て収納されているからすぐに持ち運べいざという時の防災用としても大活躍

確かに分かりやすく1つのバッグにまとまっていると、忘れ物もしにくいし、すぐにパッと出かけることができるので非常に楽ですよね~

このセットだけでキャンプはできない

ただし、このセットだけでキャンプをするのは難しいかなとも思います。

食料、カトラリー、ガス缶はどこに詰めるのか。着替えや防虫グッズは?

こういったように、細かい荷物は必ず出てくるので、このパッケージだけでキャンプが完結することはないでしょう。

結局、この収納バッグの他にもいくつか荷物を持たなければならないことは購入する前に意識をしておいた方が良いと思います。

まとめ

結論としては、金額的にも大してお得になっていなく、内容もそこそこ、悪くはないのですが、いまいちな商品もパッケージされており、進んでおすすめはできないパッケージといったところです。

1つ1つ探していけば、もっとコスパの良い商品はゴロゴロ転がっています。

キャンプはテントやマット、シュラフなど必要不可欠のものは、自分の目でレビュー等を見て使い勝手を確かめながら1つずつ買っていく方が間違いがないと思います。

そして、キャンプに慣れながら必要なものをさらに揃えていくのが一番おすすめです!

ただし、こういった時間がとれない、今すぐにでもキャンプに行きたい、道具にこだわりがないといった方にはまあ無くはないかな?といった感じでしょうか。

それではー!

カトラリー、料理器具キャンプ小物チェアテントテーブルマット・シュラフランタン焚火台雑記
スポンサーリンク
yuich.k0917blog@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆーのキャンプギア発掘

コメント

タイトルとURLをコピーしました