【悲報】クイックキャンプのコスパ最強のワンタッチタープがセールなのに売り切れだった件…!

テント

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

こんにちは!

管理人のゆーです!

ちょっとまとめサイトみたいなタイトルですが、クイックキャンプのワンタッチタープ2.5m (QC-TP250)

これを、いろいろ精査の末買おうと思ったんですが、、、何と8/6時点で好みのサンドカラーが売り切れ…とのことでした。

非常に残念です。。。

しかも、公式さんからツイッターで頂いたリプによると次の入荷は来春とのことです…

正直ショックすぎました…

うーん…もっと早く買っとけばよかったという後悔しかないです(笑)

その管理人の気持ちを吐露しながら、なぜにこのタープを買おうと思ったのか、自分の気持ちを落ち着けるためにも記事にしてみたいと思います。

クイックキャンプワンタッチタープ2.5m (QC-TP250)の魅力とは?

魅力について、考察した記事は以前にも記事にしています。

家でのBBQやデイキャンプにおすすめ!クイックキャンプ(QUICKCAMP)のワンタッチタープが使い勝手が良くコスパ高そう!?
管理人が今一番欲しいキャンプギアであるクイックキャンプ(QUICKCAMP)のワンタッチタープについて下調べした記事になります。管理人が求める要素を全て満たしてくれているこのタープ!タープ選びに迷ってる方、特にデイキャンプや家でのBBQ時のタープ選びの参考に!

設営が非常に簡単!

タープもいくつか種類があります。

  • 2つのポールで組み立てるいわゆるヘキサタープ
  • 4つのポールで組み立てるスクエアタープ
  • メッシュ等が備え付けられているスクリーンタープ
  • ロープなどで固定する必要がない自立型タープ

こんなところでしょうか。

今回私が購入したかったクイックキャンプのワンタッチタープはこのどれにも当てはまらないですが、

非常に少ない工程で設営可能な素晴らしいタープなのです。以下クイックキャンプ公式の設営動画になります。

このとてつもなく暑い時にこれだけ簡単に設営できれば楽ですよねー!

もちろん1人でも簡単に設営可能です。

上記に挙げた4つの種類のタープよりも簡単に設営可能なところは大きなメリットでしょう。

地べた、ロースタイルにも絶妙なサイズ感!

私のキャンプスタイルは地べた、またはローチェアを使用したロースタイルというものです。

これだとこのクイックキャンプのワンタッチタープのサイズ感がピッタリです!

高さが200cmだと立っても歩けるし、ローチェアで座っても十分な天井高さです。

あまり大きすぎると撤収するのも大変になってしまうので、このサイズ感は非常に個人的には好印象です。

専用フラップは1枚は付属品としてついています!

必要な方向だけ影を作ることも可能なので、汎用性も非常に高いのがいいですねー!

フラップが足りない場合は、別売りで販売しておりますので足りない場合は1400円程度で追加購入可能です。

現在の販売状況は?

私のほしかったサンドカラーは売り切れになってしまっています。

他のカラーも売っていますが、別売りフラップもカラーによっては品切れにも…

楽天のランキングにも上位にいるような人気のタープになりつつあるようです。。。

お気に入りのカラーがまだある場合はお早目の購入がおすすめですね!

私はサンドカラーの発売を泣く泣く来春まで待つことにしようかと…

我慢できなかったらネイビーかグレーを買うかもしれません(笑)

なお、買うタイミングとしては時にポイント10倍キャンペーンをやっているのでそのタイミングに!

ちなみに明日8/15がその日のようですので買われる方はお見逃しなく!

ツイッターでの評価も上々!

まとめ

サンドカラーが余っていたら、私も明日8/15に購入したかったのですが、、、

非常に残念です。。

個人的にはテントやタープのカラーにはこだわりたい派なのでここは我慢かなー…!

逆に他のカラーはまだ余っているようですので、欲しい方はぜひ購入を検討してみてくださいね!

それではー!

テント
スポンサーリンク
yuich.k0917blog@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆーのキャンプギア発掘

コメント

タイトルとURLをコピーしました