迷ったらこれ!?バージョンアップした2021版ツーリングドームLXがかなり良さそう!

テント

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

こんにちはー!

管理人のゆーです。

今日は2021年にバージョンアップしたコールマンのツーリングドームLXについてのレビューになります。

ドーム型テントのTheスタンダード!と言う感じなのでキャンプ初心者の方におすすめのテントです!

まずは基礎スペックを確認!

いつものように基礎スペックを確認してみましょう!

●素材:フライ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)、インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工)、フロア/75Dポリエステルタフタ(PU防水、シームシール)、ポール/FRP約直径9.5mm×2(メイン)、FRP約直径9.5mm×1(フロント)、FRP約直径6.5mm×1(リア)
サイズ:約210×180×110(h)cm
●収納サイズ:約直径21×49cm
重量:約5.2kg
仕様:耐水圧/約 1500mm、(フロア)約 1500mm
●容量:定員2~3人用
●付属品:ペグ、ロープ、キャリーバッグ

サイズ、重量、インナーテントのサイズ、耐水圧等バランスが非常に取れたテントです。

サイズは2~3人用となっておりますが、このサイズだと3人は厳しいです。寝るだけなら2人までOK。ソロだと人に加えて荷物も入り、だいぶゆったり使えるサイズ感です。

前室もあり、寝るときに焚火台やテーブルを入れれば、野ざらしになることを防ぐこともでき便利ですね!

個人的にはこのサイズならソロでの運用がおすすめかな!

耐水圧も1,500mmあればとんでもない土砂降りでもない限りまず安心です。

目安として500mmで小雨、1,000mmで普通の雨、1,500mmで強い雨に耐えると考えてOKです。

幕の材質もポリエステル製で火の粉には弱いですが、水はけも良く軽い。取り扱い易さは抜群です。

特にここがおすすめ!ツーリングドームLXをおすすめする3つの理由

以上、基礎スペックについて触れましたが、個人的に私がこのテントをおすすめする3つの理由を挙げていきます。

インナーテントがダブルメッシュ仕様

このようなポリエステルテントはレジャーシーズンである初夏~真夏~秋始めに活躍することが多いと思います。

その時期、特に真夏だと夜気温がなかなか下がらなくて暑くて寝られない…!ということも

テント内で汗だくだとマットも汗で濡れて最悪(衛生的にも)、、すぐにシャワーも浴びにくいのでさらに最悪です。。。

テント内で「涼」を得る=風通し、換気を良くするということは重要なことになります。

その点このテントのインナーテントは両面メッシュ仕様にすることもできるため風通しが非常によく、換気性も優れ、体感温度もかなり涼しくなります。(寒い時はメッシュにしない運用もできます)。

この両面メッシュであるかないかというのはかなり体感温度が違ってきますので、このテントはそういった観点からみると◎です。

インナーテントが吊り下げ式

このツーリングテントLXのインナーテントはいわゆる「吊り下げ式」というものになります。

ポールにフックをかけて形状を維持するタイプですね。

このタイプは、インナーテントとフライシートの間の空間が大きくなり、通気性に優れて蒸れにくく涼しいのが特徴です。ここでも「涼」が生きてきますね!(笑)

また、スリーブ式(テント本体についた筒状の生地(スリーブ)にポールを通して組み立てるもの)に比べ、設営が簡単です。スリーブだと生地にポールが突っかかってうまく通らないことも多々あるので…(笑)

個人的にはスリーブ式より吊り下げ式テントの方がかなり扱いやすいと思います。

ダークグリーン、オリーブ色がいい感じ

半分趣味、半分実用性の部分になります。

コールマンのツーリングドームLXは2021年にバージョンアップしましたが、その中でも最も大きな変化の1つがカラーの変更です。

現行のツーリングドームLXは渋いダークグリーン、オリーブで、過去の蛍光色のグリーンに比べるとミリタリー色が強いものになっています。

これは人の好みの部分になりますが、2021年版の方がかっこいいと思います(笑)

さらに、実用的な部分について、蛍光色は虫を誘き寄せる傾向が強いと一般に言われます。

体感ですが、ほんとに全然違います。蛍光色のテントを使うと、朝起きたらハエやカメムシなどがいる確率が明らかに高い…!

虫が好きな人を除いて、蛍光色を使っていないテントの色を選びたいところですね。そういった意味合いでもこのテントはおすすめです。

渋くてかっこいいし、虫も寄ってこないしいいことづくめ!

バージョンアップしたツーリングドームLXは具体的に何が変わった!?

具体的にはこの3点になります。

  1. カラーの変更(蛍光グリーン➡ダークグリーン、オリーブ)
  2. 収納時のサイズがコンパクトになった。(約24×60cm➡約21×49cm)
  3. 重量が軽くなった。(約5.9kg➡約5.2Kg)

カラーの変更、軽量化が良い感じですね!

とはいえ、旧式を持っている方がわざわざ買い替えるまででもないでしょう。

ドーム型テントの欠点

ここまでいいところばかりを記述してきましたが、ドーム型テントにも欠点があります。

それは設営に手間がかかること。

ワンポールテントに比べ時間、手間がかかります。夏場にせっこらせっこらテントを設営して汗だくになり、体がべたべたになることも…(笑)

ドーム型テントは非常に扱いやすいため初心者にはおすすめなのですが、その欠点だけは承知しておきましょう!

まとめ

まとめになります。

ツーリングドームLXは下記の点から初心者に非常にお勧めのテントです。

  • サイズ、重量、インナーテントのサイズ、耐水圧等バランスが非常に取れている
  • ポリエステル製で取り扱いが非常に楽
  • 吊り下げ式、両面メッシュのインナーテントで風通しがよく涼しい
  • カラーもいい感じ

今からキャンプやりたい!という方にはうってつけですし、ソロ用テントが欲しいベテランキャンパーさんにもおすすめできるバランスの取れたテントと言えそうです!

それではー!

テント
スポンサーリンク
yuich.k0917blog@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆーのキャンプギア発掘

コメント

タイトルとURLをコピーしました