4万円以下で買える割安!高コスパなワンポールTC(テクニカルコットン)テント6選を比較・紹介!

テント

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

こんにちは!管理人のゆーです!
今日は4万円以下で買える高コスパTC(テクニカルコットン)テントを比較・紹介したいと思います。

そもそもTC(テクニカルコットン)テントとは?人気の秘訣!

現在人気急上昇中のTCテント!
TC(テクニカルコットン)とは、ポリエステルと綿(コットン)の混合生地を言います。

なぜ人気かというと…

生地の質感や色が落ち着いたデザインである。
TC特有の厚めの生地のおかげで、夏は色濃い日陰を作ってくれて涼しく、冬は冷気を通さず暖気を閉じ込めるためどのシーズンにも使用可能である。
TCは火の粉等に強いため焚火等をテントの近くでできる。冬は薪ストーブをテントに導入しやすい。
結露しにくい生地なので、テント内で水滴がたまることもなく快適である。

ほかにもいろいろあると思いますが、主な理由はこのあたりでしょう。

ただ、TCテントの欠点として、ポリエステルのみのテントより価格が高いことが挙げられます。
綿(コットン)がポリエステルより高いこと、生地の混合に手間、技術を要することからしょうがないことではあると思いますが、

できれば価格を抑えてTCテントを購入したいところ…!

そこで今回は4万以下のミドルレンジの価格帯で、かつ高機能なTCテントを比較しながらご紹介します!
(値段は2020.2月時点のものになります)

おすすめ高コスパテント6選!

Hilander(ハイランダー) A型フレーム ネヴィス

価格は税込み29800円!!
6角形型のワンポール(ティピー型)テントです。
本体サイズ:330×330×250cmとほかのTCテントに比べ小柄ですが、他のテントにはない特徴としてワンポール(ティピー型)テントなのに、2股フレームなのです!
通常のワンポールテントだとその構造上、テントの中心部の一番天井が高い部分を有効に使うことが難しいですが、この形状だとその部分を有効に使えます!

真ん中にテーブルを置いたり、コットを置いたり、ストーブを置いたり…夢が広がりますね!
その他出入口が2つあったり、ダブルファスナーで薪ストーブもインストールしやすかったり…と利便性の面でも◎です。

FIELDOOR ワンポールテントT/C 400

価格は最安の19800円!!
6角形型のワンポール(ティピー型)テントです。
今回紹介するTCテントの中では最安値ですね。
本体サイズ:(約)400cm×350cm×215cmと今回紹介するTCテントの中では標準並みですがちょっと背が低いかも…?
しかし驚くべきことにこのお値段でインナーテントまでついてきてしまうみたいです。
コットまで揃えるのは大変…やっぱり地べたに寝たいという方にも最高ですね!
また、出入口はフルメッシュに切り替え可能です。暑い時にはありがたい仕様ですね。
レビュー等では、少し裁縫のほつれなどが見られることがあるという意見も散見されますが、返品対応もしっかりしてくれるみたいですし安心!

TCテントが欲しいけどどれもお値段がちょっと…という方には絶対おすすめですねー!

T/Cワンポールテント(QC-TCT440) / QUICKCAMP(クイックキャンプ)

価格は36980円!!
6角形型のワンポール(ティピー型)テントです。
他のTCテントと大きく違う点は、カラーバリエーションが珍しい(ネイビーとグレー)ところ。
他のワンポールテントより目立ちそうでいいですよね!
後は入口がちょっと機能的!画像を見てもらえばわかりますがちょっと近代的?な作りのように見えます。
本体サイズ:幅440cm×奥行380cm×高さ290cmと今回紹介する6角形型のワンポールの中では大きくゆったり使えそうな感じがします。
カビや防水加工もしっかりなされている点も魅力的ですね!
インナーテント、グランドシートも込みな値段で非常にコスパ良くまとまっています。

サーカスTC

価格は34980円!!
角形型のワンポール(ティピー型)テントです。
ワンポールTCテントの火つけ役ですね。ほかの後発のワンポールテントに比べると、グランドシートやインナーテントが付属していない分見劣りするように見えますが、それを上回るほどの品質への定評がありますよね。
本体サイズ:
442×420×(H)280cmと今回紹介する商品の中では大きめですが6角形に比べると、有効に使える面積は小さいと思います。
常に売り切れ状態の非常に人気があり使用者が多いテントです。
他人と被るのが嫌な人には、使用者が多いということはデメリットですが、その分メリットあります。
そのメリットは、悩みがあるときにすぐにネット検索等で調べられることです。同じ悩みを抱えている人も多いはずですからね。例えばティピーテントはちょっとたたむのも難しい部分もあるのですが、サーカスTCは畳み方まで解説している動画もありますが、他のテントではないですよね(笑)

他にも薪ストールをインストールする際や、物のレイアウトを考える際に、他の人のを参考にできるのはとても便利です。
販売からだいぶ経ちますが今でもまだ品薄なのにはそれなりの理由があるからでしょう。
関連品のサーカスTCDXも素晴らしい商品なのでぜひ!!

テントファクトリー

価格は34000円!!
6角形型のワンポール(ティピー型)テントです。
本体サイズ:460×390×280cmと6角形でで大きめでゆったり使えそうです
このテントは他のテントと大きく違うところはTCの生地の比率がコットン:ポリエステル=55:45の比率で、一般的なポリコットン素材のコットン:ポリエステル=35:65という比率に比べるとコットンが多くなっているところ
そのためコットンの「夏は外の暑さを遮断し、冬は暖かい空気を逃さない」という特長がより反映され、他のTCテントよりも火に強い仕様になっています。加えて、生地への撥水加工がしっかりとされているため、繊維自体が水を含んで重くなってしまうコットン素材の弱点をしっかりと補っているのも素晴らしいですね!
入口もメッシュになり虫よけ等もできます。

ただ惜しい点はテントの入り口がダブルジッパーじゃないところ…!!薪ストーブを入れたい方にはちょっと不向きかもしれないですね…
薪ストーブを入れないという方で、コットンの色合いを強く感じたいという方におすすめのテントです!

ピジョンピークスTCティピシェルター

価格は37,900円!!
角形型のワンポール(ティピー型)テントです。
本体サイズ:442×420×(H)280cmとサーカスTCとほぼ同じ。
サーカスTCとほぼ同じ値段で、しかもメッシュ付きのインナーテント付きです。このインナーテントがテント全フロアではないところが個人的には好きです(笑)
また、このテントはサーカスTCにはないベンチレーションの調節機能がついていることが特徴!
テント内の紐を引っ張ることで簡単に外の空気を取り入れたり、ベンチレーションを閉じて空気を遮断することができます。これは正直便利すぎる機能…!
長らく品切れになっているようでいつ在庫復活するか分からない商品です。

(2020/5/8現在)現在在庫があるようです!!(↓のリンクから楽天等で購入可能)

私はテントの頭の△帽子(ベンチレーションの調節部分)も部分がサーカスTCのほうがちょっとかっこいいかなー!とか思いますが、コスパに優れた良いテントだと思います。

TCテントのファーストチョイスにいいかもしれませんね!

まとめ

私がおすすめする4万円以下で購入可能なワンポールTCテントを紹介してきました。
機能性ももちろん大事ですが、私はデザインも大事だと思っています。
私はやっぱりサーカスTCのデザインが好きなのでサーカスTCを使っています。
コットで寝るのであまりグランドシートやインナーシートは使わないですしね(笑)

一方でファミリーキャンプなどになると、子供がゆっくり横になれるように、インナーテントがあると便利だなーとも思います。

道具選びもキャンプの楽しみですので楽しんで選べるといいですね!

以上になります。最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

テント
スポンサーリンク
yuich.k0917blog@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆーのキャンプギア発掘

コメント

  1. […] 4万円以下で買える割安!高コスパなワンポールTC(テクニカルコットン)テント6選を比較・紹介!現在人気急上昇中のワンポールTCテントですが、価格が高いのが難点…そこで管理人 […]

  2. […] 4万円以下で買える割安!高コスパなワンポールTC(テクニカルコットン)テント6選を比較・紹介!現在人気急上昇中のワンポールTCテントですが、価格が高いのが難点…そこで管理人 […]

  3. […] 4万円以下で買える割安!高コスパなワンポールTC(テクニカルコットン)テント6選を比較・紹介!現在人気急上昇中のワンポールTCテントですが、価格が高いのが難点…そこで管理人 […]

  4. […] ゆーのキャンプギア発掘 […]

  5. […] 4万円以下で買える割安!高コスパなワンポールTC(テクニカルコットン)テント6選を比較・紹介!現在人気急上昇中のワンポールTCテントですが、価格が高いのが難点…そこで管理人 […]

タイトルとURLをコピーしました