サーカスTCのコピー品!?TOMOUNTのワンポールテントとサーカスTCDXの違いに迫る!

テント

こんにちはー!

管理人のゆーです!

需要が供給を上回り、有名メーカーのワンポールTCテントが市場に流通せず入手困難になっている状態ですが、

それでもワンポールTCテントが欲しい!と思ってgoogle検索をかけてみると、

絶賛品切れ中のサーカスTCDXにそっくりなテント(コピー品?)に遭遇しましたので、その違いに迫ってみたいと思います!

そのそっくりなテントは

TOMOUNT ワンポールテント

になります。画像を見るだけでもそっくり!

もちろん安全安心の中国製でしたが、、、Amazonレビューでも評価がかなり良く☆4.5と好評。

実際のところ品質、性能、構造にどの程度違いがあるのか気になりますね。

買うに値するものなのか、調べてみたいと思います!

TOMOUNT ワンポールテントの基礎スペックを確認!

TOMOUNTのテントにもいろいろサイズはあるのですが、ここはサーカスTCDXにそっくりなサイズについて、みてみましょう。

基礎スペックは以下のとおり

生地 : TC素材(ポリコットン ポリエステル:TC=65:35)
組立てサイズ:420*420*275cm(五角形型ワンポールテント)
収納サイズ:68*25*28cm
ポール径:30mm
ファスナー:ダブルファスナーで樹脂製
重量 : 10.7 kg
使用人数:3-5人

本体x1、収納袋x1、ペグx10、ロープx5、設営ガイドx1、ガイドテープx1、ポールx1
付属品にフラップ部位用のポールはなし

画像でもテントの様子を見てみると…

  • フラップの構造
  • テント上部のベンチレーションの構造
  • 色合い、デザイン
  • スカートの材質
  • 全体の組み立て方

サーカスTCと本当に似ています。

設営ガイドまで全く同一のものが付属しており、組み立て方も最初から最後まで一緒のようです。

うーん…見れば見るほどサーカスTCと一緒。ここまで見てきてパッと分かる違いはサーカスTCDXにはテント下部に換気窓がなかったけど、TOMOUNTのテントにはあるね。下部の換気窓の意味は個人的にはそんなに見いだせないけど…

後、TOMOUNTのテントには、フラップ部位の専用ポールがデフォルトで付属していないね。サーカスTCDXのテントはデフォルトで付いてるけど…

サーカスTCDXと比較

なかなか差がはっきり分からないので、表にして比較をしてみましょう。

TOMOUNTワンポールテント サーカスTCDX
素材 ポリエステル:コットン=65:35 ポリエステル:コットン=65:35
重量 10.7kg 12.3kg
組立サイズ 420×440×280cm 420×442×280cm
収納サイズ 68×25×28cm 63×27×27cm
メインポール スチール直径30mm スチール直径32mm
付属品 テント用ペグ×5,ロープ用ペグ×5
メインポール×1,収納袋×1,ロープ×5
テント用ペグ×16,設営ガイド用ペグ×1,メインポール×1,サブポール×1収納袋×1、ロープ×5
原産国 中国 ベトナム
価格 36,900円(Amazon価格) 43,900円
備考 場合によってはクーポン使用可
テント下部に開閉可能な換気窓あり
収納袋が大きめで余裕あり
縫製が雑でファスナーが閉めにくい、雨漏りしたとのコメントあり
収納袋小さめで入れるのにコツが必要

やはりカタログスペック上ではサイズ感から大きな違いは見出せませんでした。

サブポールや、メインポールの径を考慮すると、テントの重量自体もほぼ一緒。

TC生地の厚さも同程度と考えられます。

付属品もほぼ一緒ですが、前段でも述べた通り、TOMOUNTにはフラップ部位のポールが付属しておりませんし、ペグの本数も、サーカスTCに比べて必要最小限しか付属しておりません。

まあその分価格が低くまとまってはいるのですが…

また、Amazonのレビューで「縫製が雑でファスナーが閉めにくい、雨漏りした」とのコメントがありました。

縫製が荒くて、ファスナーが閉めにくい・ファスナーから雨漏りするというのは割とよく見かけたコメントです。もしかしたら本家に比べて、実際に縫製が荒い部分があるかもしれません。

また、収納袋が大きめで撤収がしやすいという意見もありました。

個人的にサーカスTCは上手く畳まないと袋に入りきらないことが多々あるので、嬉しい改善点だと思います。

実際のレビューをご紹介

ここで参考になるレビューをいくつかご紹介します。

自宅で幕張って楽しんでいます。半日かけて色々設営して…そのまま1~2週間、邪道ですね。
なので昨年 購入した本家TC-DXのリリーフ幕として購入です。
以下比較(良☆悪★)です。
サイズも勝手も全く同じまので本家のフロントフラップも装着OK☆☆
縫製や生地も遜色なし☆☆
前後のファスナー共に上下OKのダブルジッパー☆☆…ですが材質は異なります。
追加された下部のベンチは抜けが良く効果大です☆☆☆!
設営2日目で少雨(2㎜前後)、生地の撥水は同程度ですが本家ではない雨漏りが数か所…
原因は主にファスナーからの浸み込み★大雨の際は不安です★★
特に下部のベンチのファスナーからは浸み込みが多いですよ!設営対策注意★★★
張り綱自体は良いのですが…張り方?自在金具の使い方が? 我流にアレンジしました★

Amazonより引用

ファスナーからの雨漏りが多いとのレビューが多いけど…本家のオプション品がそのまま使えるのは嬉しいね!

さっそくキャンプで使ってきましたが、不具合も無く、ブランドにこだわりがないのであれば、コスパの良い良く出来たテントです。
自分としてはあまり他人と被りたくない天邪鬼な性格なので、こっちで正解。ポールはメインポールのみなので跳ね上げ用は別途用意が必要です。できれば下の換気窓にメッシュが付いてれば、なお良かったのだけれど。
前後の入口はちゃんとダブルファスナーになってるので煙突も出しやすいです。(本音を言えば、本家には無い煙突穴があれば、もっと爆発的に売れると思うw)
TOMOUNTのテントはこれで3張目なんだけど、最大の欠点が一つあって、、、それは、なんて読むかわからんとこw
トモウント?ツーマウント? 中華系メーカーあるあるなんですが、人に聞かれた時、答えづらいww

とは言え、自分が買った時はクーポン券付きで3万円しなかったので、かなり良い買い物でした。

Amazonより引用

サーカスTCは人気すぎてほんとにいろんなところで見かけるから、他の人との差別化にはいいかもね!セール時にはさらに安売りするときもあるみたい!

コスパが良いとレビューを見て購入してみました。

確かにコスパが良く、設営も楽です。
コピー商品だけあって使い勝手も良いと思います。

気になった点はファスナー周りの縫製が汚いのでファスナーが引っかかりやすい。
縫製が波打っている上に糸のほつれが多くて時々ファスナーが引っかかります。

末端の処理が過剰なのか直したのかは不明ですが糸が玉になる程縫い付けてあって見苦しい。

縫い目が気にならない人ならコスパが良くてオススメです

Amazonより引用

やっぱりファスナー周りの縫製が荒いっていうのはあるみたいだね…!

まとめ

以下、まとめ(管理人の個人的な意見)になります。

基本的にはサーカスTCDXでOK
理由は下記のとおりです。

  • サーカスTCDXは品質、メーカーのサポートにもかなりの実績があるため
  • 定価でTOMOUNTのテントを購入する場合、付属品、品質等を考慮すると、必ずしもサーカスTCDXの購入に比べてコスパがよいとは言えないため(7,000円程度の差額ならば、ポール購入等である程度埋まってしまう)

一方で、うまくクーポン等を組み合わせて3~3.5万程度で購入することができれば、コスパの良いテントなのかなあとも思います。

後は、テントの収納を楽に行いたい人(収納袋が多くてしまうのが楽なため)、人と被るのが嫌って言う人にもおすすめですね!

このテントが2万後半で販売されればかなりコスパ良いと感じます。

決して悪いテントではないのでサーカスTCDXの欠品が今後も続くようなら、主流になるスペックがあるかも…!?

ってところでしょうか。

それでは~!

テント
スポンサーリンク
yuich.k0917blog@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆーのキャンプギア発掘

コメント

タイトルとURLをコピーしました