サーカスTCDX専用オプション!「フロントフラップ」をレビュー!サバティカルのモーニンググローリーを意識!?

テント

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

こんにちはー!

今日はサーカスTCDXの専用オプション、フロントフラップについての記事です。

人気幕として販売されているサーカスTC

それを進化させ、ワンポールテントの弱点を克服させたサーカスTCDX

さらにそれを進化させ、より使い勝手のよいテントへと変化させるためのオプションが

フロントフラップになります。

フロントフロップの基礎スペックを確認

まずフロントフラップとは何ぞや?という説明からです。

ワンポールテントにありがちなデメリット「デッドスペースが広く、雨が降りこみやすい」

サーカスTCDXは、サーカスTCにもう1つのサブポールを加え、下の画像のようにすることで、その弱点を解消した商品です。

 

サーカスTCDXは、その構造上、確かに有効に使える体積が大きくなり、テント内も通常のワンポールに比べ広々とし、雨も吹込みにくくなっています。

ただ、それでもまだ気になるポイントがあります。

そう、このテントはフラップを使った状態だと、テントを締め切ることができないんです。

それを解消してくれたのがフロントフラップになります。

フロントフラップにもファスナー・メッシュありVerファスナーメッシュなしVerがあるのですが、これはメッシュありVerの画像となります。

フロントフラップのおかげで、上の画像のとおり、テントの閉め切りができるようになりました!

閉め切ったままでも、真ん中のファスナーを開いて中に入ることができます。

さらにメッシュ部分は下の画像のとおり、寒いときにはTC生地で覆うこともできるようです。

■素材
ウォール:ポリエステル/コットン混紡生地(TC)(撥水加工)
マッドスカート:ポリエステルリップストップ150D
■耐水圧
マッドスカート部分:1,500mm
■収納サイズ
(約)470×150(直径)mm
■組立サイズ
(約)6,260×1,920(高)mm
■重量
総重量:(約)2.53kg
本体:(約)2.3kg
収納ケース:(約)90g
■付属品
ペグ×1、樹脂キャップ×1、カラビナ付きフック×1、収納ケース×2
■原産国
ベトナム
■価格:14,800円

カラーバリエーションもサーカスTCDXのすべてのカラーに対応しています。

以下ファスナー・メッシュ付きVerの販売リンクです。

もし、「フロントフラップ」を購入するのならば、ファスナー・メッシュ付きVer一択でよいと思います。

暑い時・寒い時に使えるのは非常にありがたいですし、ファスナーがあると非常にテントの開閉が楽になるので!(笑)

設営は?気になる弱点は?

設営は説明書を読む限り、割と簡単そうです。

サブポール(フロントポール)にフロントフラップを引っかけて、

ペグダウン及び、サーカスTCDXとの接続(既存のペグやポール、テント本体のループを利用)といった感じです。

↓公式ホームページの説明書のリンクです↓

https://www.tent-mark.com/support/manual/pdf/circus_tc_dx_front_flap.pdf

注意点としてントとフロントフラップそれ自体がファスナー等でつながるものではないというところですかね。

線と線でつながるというより、点と点でつながるイメージです。

そのせいで強風時には多少の隙間ができるかもしれませんし、そこから雨や虫が入り込む可能性も完全に0とは言えないでしょう。

まあ、ワンポールテントの構造上、虫については下の隙間から入ってくるときは入ってくるのですが…(笑)

あとは設営の手間が増えるのも難点です。

あくまでオプションなので、設営が面倒だな…と感じるときは、「フロントフラップ」を使用しないという選択肢もアリでしょう。

選択の余地があるのはありがたいですね。

汎用性という点では、元から備えついているよりも、オプションで販売されているというところは、優れていると言ってよいでしょう。

サバティカルのモーニンググローリーを意識!?

これは管理人の勝手な想像ですが、サバティカルのモーニンググローリーを意識した販売戦略なのかなあ?と思ったり(笑)

画像をみると、どことなく雰囲気が似ていませんか?(笑)

どちらもワンポールテントながらも、広く快適なテント内空間の確保を目的としているところは同じだと思います。

こちらの方がポールが多く設営が大変そうで、ワンポールテントの窓が本体備え付けのため、

汎用性が劣るイメージがなんとなくあるなあ…といった印象です。

まとめ~買うべき?買わないべき?~

管理人の意見としては、

サーカスTCDXユーザーの方で

「このテント、フラップを使った状態で閉め切れればな…」とか

もっと広いスペースが確保できればな…」と

ちょっとでも思った方は購入の価値があると思います。

もちろん先ほど申し上げたデメリットはありますが、オプション扱いなので、ケースバイケースで使用したりしなかったりを選べるので、かなり自由自在かつ便利に使えると思います。

もちろんサーカスTCDXと合わせて購入というのも十分選択肢に入ると思います。

サバティカルのモーニンググローリーは現状入手困難ですし、あくまで個人的な感想ですが、こちらの方が使いやすいようにも見えるので(笑)

それではー!

 

 

 

 

テント
スポンサーリンク
yuich.k0917blog@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆーのキャンプギア発掘

コメント

  1. […] https://yu-campblog.com/circustcdxfrontflap サーカスSTのフロントフラップはこちらになります。 […]

タイトルとURLをコピーしました