メーカーについて管理人の考えを述べてみる【ユニフレーム(焚火テーブル、ワーム2など)】

雑記

こんにちはー!

管理人のゆーです!

夏真っ盛りですね!Theキャンプシーズンというところですが、私個人的には暑すぎる時のキャンプはあまり好きではないので、ドライブや観光を中心にアウトドアを楽しんでいる現状です。

さて、そんな中でャンプ用品メーカーについて個人的に解説と意見を述べていきたいと思います。

キャンプにも慣れてくるとキャンプ用品のメーカーも気になり始める頃(だと思う…)のでそんな方の参考になればと思います。

※あくまで管理人の個人的に印象です

まずはそこそこメジャーどころであるユニフレームから言ってみましょう。

ユニフレームとは?

ユニフレームの企業理念は下記のとおりです(HPより抜粋)。

OUTDOOR CATALOG 2021 - UNIFLAME

ユニークな炎(フレーム)を創造するという理念のもと、1985年に生まれたUNIFLAME。
以来、日本のアウトドアメーカーとして、日本の風土・文化を背景にしたアウトドアスタイルを作り続けています。自然への畏敬を古くからの伝統しているこの国で、アウトドアの楽しさを引き出す炎を絶えず燃やし続けたいと私たちは願っています。

Theアウトドアメーカーって感じですね。

本社は金属加工の職人の町「燕三条」に置かれ、資本金2,000万人、従業員約100人と大きな会社ではありませんが、

良質なキャンプ道具を生み出している会社です

もちろんその分お値段も張るイメージですが…(笑)

品質に問題はない、安心・安全のキャンプギアメーカーさんですね。

管理人おすすめの商品ラインナップ(焚火テーブル、フィールドラックなど)

ユニフレームの中で人気のある商品について

☆第五段階で評価をしていきたいと思います。

星5つ…★★★★★ 文句なし!超汎用性に優れ、自信を持って誰にでもお勧めできるキャンプギア

星4つ…★★★★☆ 汎用性に優れ、かなりお勧めできるキャンプギア

星3つ…★★★☆☆ そこそこお勧めできるキャンプギア

星2つ…★★☆☆☆ 一部の人にのみオススメできるキャンプギア

星1つ…★☆☆☆☆ 基本的にオススメできないキャンプギア

星4つ…★★★★☆ 焚き火テーブル

ソロでもファミリーでも1つは持っといて損はない!と管理人が考えるユニフレームの傑作の一品です。

文句なしの★4つです。

ノーマルサイズとラージサイズがあり、幅広く対象を取っている点も好印象です。

特にノーマルサイズのテーブルはソロならメインテーブルとして大活躍、グループキャンプでもサブテーブルとして大活躍できるサイズ感

そして、熱々のダッチオーブンやフライパンをそのまま置ける利便性。

組立も直感的で超簡単であることから汎用性にあふれる1品に仕上がっております。

欠点はややお値段がお高め…!といったところでしょうか。

しかしながら、「買って後悔しないよ!」と自信を持って言えるキャンプ用具の1つですねー!

星4つ…★★★★☆ フィールドラック

これも持っていて損はないラックの1つです。

収納も非常にコンパクトになりスタッキングも可能で2~3個積み重ねて使用すると、置くのに困る雑多なものを置くスペースが生まれキャンプサイトが非常に引き締まります。

テーブルとして使うこともでき、汎用性も高いので腐ることもありません。

唯一の欠点は組み立てるときにちょっとコツと力が必要な点でしょうか(とはいっても何回か組み立てれば慣れますが…(笑))

価格も4,500円程度とリーズナブルなので買いやすいのも嬉しいところです。

これについては過去に記事にしたことがあるので参考までに~!

テーブル、収納ラックはユニフレームのフィールドラックがおすすめ!
キャンプグッズの中で人気製品を数々制作しているユニフレーム社。その中でも特に人気のあるフィールドラックの使用感、組み立て方法、使い心地についてレビューしたいと思います。管理人の使用例やお勧めオプションも紹介します。

星5つ…★★★★★ ユニフレームワーム2

これについては、あらゆるガスストーブの中で圧倒的性能を持っているので、寒い中キャンプに行く方にはどの型にもおすすめできるという点から★5です。

しかしながら今現在廃盤になってしまっているのが悲しいところです。

いかに優れたガスストーブかは以前記載しましたのでご参考までに!

No.1のガスストーブであるユニフレームワーム2!現在は廃盤!?代替品はイワタニの「マイ暖」!
冬キャンプの簡易な暖房にはピッタリのガスストーブについて雑記的な記事になります。規格の改定により、アウトドア用ガスストーブのラインナップは大きく変わりましたが、それに伴うおすすめのガスストーブをメリット・デメリットを合わせながらご紹介します。

もし手に入る機会があるようでしたら大切に使うようにしましょうね泣

そして「ワーム3」の販売を首を長くしてお待ちしております!

お願いします!ユニフレームさん!

星5つ…★★★★★ ファイアグリル

これも文句なしの焚火台です。ちょっとお高めですが、それを有り余って有能すぎるので★5つです!

これもノーマルサイズとラージサイズの2つがあり、顧客のニーズにうまく対応してくれています。

これについても過去記事で触れたことがあるので詳細は個々では割愛します。

焚き火台の選び方!焚き火関係はユニフレームで統一!ファイアグリルやそのオプションについて紹介
焚火台の選び方のポイントをご紹介した後、そのポイントを全て押さえた理想の焚火台であるユニフレームのファイアグリルの性能をご紹介します。またファイアグリルのおすすめのオプション(FGポットハンガー、ヘビーロストル等)についても紹介します。

使い勝手、重さ、サイズ、安定性、オプションの豊富さ

どれをとっても優れるバランスの取れた超一流の焚き火台です。

焚火台の1台目に本当におすすめだよ!

ガスランタンにも注目!

星3つ…★★★☆☆ フォールディングガスランタン UL-X

私がガスランタンを買うのならばこれかな~といった印象です。

デザインや収納・操作性、カセットボンベを温める機能等整っており、使い勝手が良いです。

価格がお高めなのと、ガスランタン自体がマイナー寄りなので★3つです。

テントやタープ等について

ユニフレームはテントやタープについても「REVO」シリーズ等で販売しております。

デザインはさておき、付属品(ポールやペグ)などが別売りでお値段も高め!

なのであまり管理人好みではないです…(^^;

個人的には★2~3つ程度でしょうか。

まとめ

やはり金属加工で有名な燕三条に本拠地を置いているせいか、ステンレス製の焚火台などの金属製品によいものが多い印象でした。

買って間違いがないものは

  • 焚火テーブル
  • フィールドラック
  • ファイアグリル
  • ワーム2(廃盤)

あたりですね!

価格はそこそこお高めですが、価格以上の性能を提供してくれるユニフレームさん。今後の商品展開(とくにワーム3)に期待ですね!

それではー!

雑記
スポンサーリンク
yuich.k0917blog@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆーのキャンプギア発掘

コメント

タイトルとURLをコピーしました