ソロキャンプにおすすめのメインテーブルとサブテーブル!ユニフレームの焚火テーブルとSOTOのフィールドホッパー!

テーブル

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

こんにちは!管理人のゆーです!

今日はソロキャンプにおすすめのメインテーブルそサブテーブルのご紹介をしたいと思います!

ずばり!おすすめするテーブルは

メインテーブル→『ユニフレーム 焚火テーブル』

サブテーブル→『SOTO フィールドホッパーST630』

となります!

どちらのテーブルもどんな時でも、どんな場面でも活躍してくれるテーブルです。
管理人ももちろん使っていますが、使い勝手はどちらも最高ですよ!

ソロキャンプではメインテーブルとサブテーブルの2枚運用がおすすめ!

ソロキャンプではメインテーブルとサブテーブルの2枚運用がおすすめです!

理由は単純に『便利だから』ということになります。

何が便利かというと…

メインテーブルは食事用、料理用など

サブテーブルはその他小物(スマホ、温度計、時計、着火マン、バーナーなど…)

と、使い分けられる点ですね!

テーブルごとに役割があると驚くほどキャンプサイトはすっきりします。
また、同じサイズのものが2つあるより、大小のサイズのものを揃えたが、使いやすいと思います。

例えばメインテーブルは大きいため、ある程度安定感をもって使用できますが、組み立ては少し手間ですし、重量や積載量も増します。

一方で、サブテーブルは昼間は屋外で小物を置く、夜はテント内で小物を置く、場合によっては使わない…など、柔軟な使い方ができ、組み立ても楽でコンパクトである一方、大きなものを載せることは難しいです。

このようにサイズごとにメリットデメリットがあるので、うまくその場の環境に応じて使い分けられると、非常に効果的で快適なキャンプにすることが可能です!

メインテーブルのおすすめ『ユニフレーム 焚火テーブル』

ユニフレームの焚火テーブルは汎用性の高い本当におすすめのテーブルです。

以下基本スペックです。

サイズ/(使用時)55x35x37(高さ)cm、(収納時)55x35x2.5(厚さ)cm
材質/(天板)ステンレス鋼(特殊エンボス加工)、サイド/天然木、(スタンド)ステンレスパイプφ19mm
重量/2.3kg

設営のしやすさ、使い勝手、サイズ感

どれをとっても最高クラスのテーブルだと思っています。

 

設営には、力も必要なく、かなり安定した運用が可能です。

組み立て方は、2つの足を大きなステンレスのクリップにはめ込むだけで、非常にシンプルです。また収納についても、1分で設営・撤収可能なテーブルなのに、収納時には厚さ2.5cmまで小さくなる優れもの!

使い勝手について、テーブルの1面がステンレスになっているので、熱々のダッチオーブンを載せても平気です

調理器具の置き場所には困ることが多いのでこれはとても嬉しい仕様ですね!

またステンレス製なので、木のテーブルに比べると汚れもさっと拭いて取ることができるのも助かります!

サイズ感もソロキャンプではメインテーブルにピッタリのサイズ感です。

飲み物~料理まで一通り載せても十分なサイズですね!多人数のキャンプではサブテーブルになるので、どの場面でも活躍可能です。

オプションで裁縫がしっかりしたトートバックもあります。フィールドラックなど他にもユニフレームの商品を購入している場合にはまとめて収納可能ですので、購入するのもありです!

欠点らしい欠点がない、キャンパーの誰にでもおすすめなギアの1つですね!

サブテーブルのおすすめ『SOTO フィールドホッパー』

A4ノートサイズに収納可能なSOTOのフィールドホッパーはサブテーブルとして非常におすすめです。

以下基本スペックです。

サイズ使用時:幅297×奥行210×高さ78mm、収納時:幅297×奥行110×高さ19mm
材質天板:アルミニウム、スタンド:ステンレス、専用収納ケース本体・ひも:ナイロン、ひも留め:樹脂
重量/約395g(本体)

リュックサックにもすっぽり入るコンパクトで使いやすいテーブルです。

設営のしやすさ、コンパクトさ、お手入れのしやすさ

にとても優れたテーブルですね

設営は、袋から取り出し広げるだけ。5秒で設営が終わります。

コンパクトテーブルとして他に有名なものとしてキャプテンスタッグのアルミロールテーブルがありますが、これよりも設営がラクです(笑)

コンパクトさもとても優れています。

キャンプ場はもちろん、ちょっとしたレジャー(山登りや沢遊び)にバックに忍ばせて、ちょっとした軽食を載せたり、マグカップを載せたり…といった運用も可能です。

バックに忍ばせておくだけで、邪魔には決してならない。どんな場面でも活躍の場があるというのは、素晴らしいですよね。

お手入れもステンレス製なので、濡れた布でさっと拭くだけで十分きれいになります。

テーブル面に隙間がないため汚れもふき取りやすいですね!隙間から小物が落ちてしまう心配もありません!

アウトドアが好きな人は買っておいて損がないアイテムだと思います!

まとめ

今回はソロキャンプに使うグッズということでメインテーブル『ユニフレーム焚火テーブル』とサブテーブル『SOTOフィールドホッパー』をご紹介しました。

どちらも非常に使い勝手が良いテーブルです。

テントなどは、結構人によっておすすめするものが変わりますが、これらのテーブルに至ってはどんな人にもおすすめできると考えています。

理由は、どんな場面でも、どんな時でも活躍の場面があるからです。

皆さんもおすすめのテーブルがありましたら、ぜひコメント等で教えてくださいね!

それではー!

テーブル
スポンサーリンク
yuich.k0917blog@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆーのキャンプギア発掘

コメント

  1. […] ソロキャンプにおすすめのメインテーブルとサブテーブル!ユニフレームの焚火テーブルとSOTOのフィールドホッパー!ソロキャンプにおすすめのメインテーブル『ユニフレームの焚火テ […]

タイトルとURLをコピーしました