VISION PEAKS(ビジョンピークス)のツーリングドームクロウはコスパ◎の超おすすめソロ用テント!

テント

こんにちは!

管理人のゆーです!

今日はVISION PEAKS(ビジョンピークス)のツーリングドームクロウをご紹介したいと思います。

ビジョンピークスと言えばコスパの良い商品を次々に販売してくれる良メーカー!

自然と期待が高まりますね!(笑)

今日ご紹介するテントはソロ用で、低価格ながらも、必要十分な機能を有したテントになりますので

  • あまりお金が出せないけどソロ用テントが欲しい…
  • ソロキャンプするときにある程度ゆったりできるサイズ感のテントが欲しい…

そういった方にはぜひおすすめのテントになります。

ツーリングドーム クロウの基礎スペックを確認!

まず基礎スペックを確認してみましょう

■カラー:ブラック
■サイズ:使用時/約210×110×120(H)cm、収納時/約直径17×66cm
■材質:
フライ/ポリエステルタフタ
インナー/ポリエステルタフタ
フロア/ポリエステルオックス
ポール/FRP
■耐水圧:1500mm
■重量:約4.1kg
■付属品:ペグ、ロープ、収納袋

私がこのテントを始めてみたとき

「あっ、コールマンのツーリングドームSTに似てるな」

と感じました。

ちなみにコールマンのツーリングドームSTは非常に素晴らしいソロ用のドーム型テントとして有名です。

おそらくサイズ感も似ていると思うので、後で要確認ですね(笑)

私がソロ用のドーム型テントで欲しい機能は下記のとおりであり、その全てを満たしてくれるテントでした。

  • 設営が簡単
  • インナーテントが両面メッシュ
  • 広い前室

設営が非常に簡単

テントの設営方法はインナーテントの部分も前室の部分の骨組みも全て吊り下げ式です。

吊り下げ式はスリーブ式に比べ非常に設営が簡単です。

スリーブ式はテントの裾の部分にポールを通さないといけないので生地に突っかかったりして、設営に時間がかかったり、イライラしたりするんですが、

その点吊り下げ式は専用の留め具をポールに引っ掛けるだけなので操作は単純・設営も簡単です。

全ての部分が吊り下げ式なのは大きなメリットと言えます。

ソロ用テントでインナーテントが両面メッシュが嬉しい!

ソロ用の小さなテントだと、インナーテントが両面メッシュになっている仕様のテントって意外と少ないのですが、これは見事に両面メッシュの機能を満たしております。

暑い時期だと両面メッシュになるか、ならないかでテント内の熱の籠り具合が全然違ってきますよ!

もちろん虫やごみの侵入も防ぐことができ、テント内が非常に快適な空間になります。

また、このテントは両面メッシュにしないという運用もできる2重ドア構造なので、寒い時には熱を逃がさないようにできるのも素晴らしいところです。

必要十分な前室、インナーテントの面積、キャノピーとしての運用も可

サイズ感は画像のとおりです。

荷物を入れないなら2人就寝可能なサイズ感ですね。

また前室部分の面積も十分で、ポールは別途必要になりますがキャノピーとしての運用も可能です。

外に出しておいて盗まれないか心配なもの(チェア、テーブルなど)は十分に入るサイズ感です。

ライバルテントのコールマンツーリングドームSTと比較!

それではライバルテントと思われるコールマンツーリングSTとそのスペックを比較してみましょう!

ツーリングドームクロウ ツーリングドームST(コールマン)
使用サイズ 210×110×120(h)cm 210×120×100(h)cm
収納サイズ 約直径17×66cm 約直径23×54cm
材質 ポリエステルタフタ等 ポリエステルタフタ等
耐水圧 1,500mm 1,500mm
重量 約4.4kg 約4.1kg
ベンチレーション 有り(背面部) 有り(前室部)
設営 吊り下げ式 吊り下げ式
その他 両面メッシュ
前室あり
両面メッシュ
前室あり
価格 10,000円 13,200円

ほぼ同じ性能ですね!

わずかな違いはありますが、同程度の大きさ、耐水圧、重量と言ってよいと思います。

ベンチレーションも付いている場所は違えど、どちらもきちんとついております。

ただ個人的に高さがツーリングドームクロウ120cmとツーリングドームST100cmが注目ポイントだと思います。

テントの高さが20cm違うとテントの解放感がまるで違いますよー!

後はカラーがツーリングドームSTはグリーンとブラックの2トーンカラーですが、ツーリングドームクロウはブラック(ネイビーに近い?)になります。

個人的には蛍光食の入ったグリーンは虫がいっぱい寄ってくるのであまり好きではないです…(笑)

ツーリングドームクロウはその点も優れていますね!

そしてお値段は3,000円程ツーリングドームクロウのほうがお安くなっております。

後発品ゆえに格安の値段で販売できたと考えてよいでしょう。

似たテントのツーリングドームSTは過去にキャンプ芸人のヒロシが絶賛!

だいぶ前ですが、ツーリングドームSTについてキャンプ芸人のヒロシが良く使うテントとして紹介していました。

ヒロシが気に入っていたのは

  • 両面メッシュである点
  • 広々とした前室

ですので、

似たようなテントであり、さらに値段が安いツーリングドームクロウも、コールマンに負けるとも劣らない、コスパが良い素晴らしい商品と言ってよいと思います。

欠点と注意点

欠点ですが、、、欠点らしい欠点は見当たらないと思います。。

生地の縫製が悪いという評判も調べた限りでは見当たりませんでした。

あと注意点としてはキャノピー運用するには別途ポールが必要になるというところですかね。

ブラックカラーに合うようなかっこいいポールが欲しいところです。

ポールについては過去記事でおすすめを紹介しているので参考までに!

サーカスTCなどのテントのアレンジに!高コスパのSoomloomのポールをご紹介!
タープやテント購入時に意外に付属品となっていないポール。別途購入する必要があるときどれを選べばよいか迷いますよね。今回は管理人が実際に使用しているsoomloomのポールをご紹介します。非常に品質が良く使いやすい一方で、お値段もお手頃です。

まとめ

ビジョンピークスは基本的に後発メーカーだけれども、

先発メーカーで足りなかったところをフォローし、なおかつ高いコスパで商品を展開してくる。

そんな企業で個人的にとても好感の持てるメーカーですね!

今回もコールマンのツーリングドームSTに匹敵する、もしくはそれ以上のコスパの良いツーリングドームクロウを販売してくれました!

このようなドーム型テントは持っていない方はもちろん、キャンプ初心者のファーストチョイスとしておすすめですので、ぜひ参考にしてみてください!

それではー!

テント
スポンサーリンク
yuich.k0917blog@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆーのキャンプギア発掘

コメント

タイトルとURLをコピーしました