SABBATICAL( サバティカル )のモーニンググローリーTCを管理人が買わなかった理由3選!

テント

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

こんにちは!

管理人のゆーです!

今日は少し前にA&Fから新商品として販売され、話題になったワンポールTCテント、SABBATICAL( サバティカル )のモーニンググローリーTCについて、レビューしてみたいと思います。

サバティカル モーニンググローリー TCはTC素材採用の2-4人用シェルターです。
SABBATICAL( サバティカル )MORNING GLORY TC は大胆に開口した大型フロントパネルが特徴の2-4人用のシェルター。フロントに3本のサブポールを入れることにより、前方の空間を大きく確保し、圧迫感のないリビングスペースを実現しました。オプションのインナーテントを使用すると2ルームシェルターとして使...

現在も売り切れの超人気テントですが、管理人は購入には至りませんでした。

その理由について今日は記事にしていこうと思います。

SABBATICAL( サバティカル )のモーニンググローリーTCってどんなテント?

モーニンググローリーとはどんなテントなのか…

簡単に言えば、ワンポールの最大の弱点である利用できないスペース=デッドスペースを極限まで減らした高機能なワンポールテントになります。

下記画像のとおり、モーニンググローリーは、ワンポールテントと言っても、メインポールの他に小さな支柱のポールを立てることで、自由に立ち歩きできるくらいの解放感あるスペースの確保に成功しています。

私もA&Fの展示に何度か足を運びましたが、ほんとうに広いスペースでした。

他にも、嬉しいフルメッシュ仕様があったり。。。インナーテントにメッシュがついているワンポールテントは多いですが、これはテント本体にメッシュがあるので、広々とした空間を確保しながら虫の侵入を防げます。パネルは垂直にデザインされていますので、静かな雨ならフルメッシュ状態で過ごせるようです。

他にもテントの下部にベンチレーターがあったり。。。

インナーテントを用意すればさながら2ルームテントのような運用ができます。

これだけ広いスペースが多いと窮屈せずにキャンプを過ごせそうですね!

以下基礎スペックになります。

本体×1 ウォール:TC素材(コットン/ポリエステル混紡素材)・撥水加工、マッドスカート/トップキャップ:210Dポリエステルオックス
センターポール×1 スチール・Φ32mm・全長270cm
フロントポール×1 スチール・Φ22mm・全長180cm
サイドポール×2 スチール・Φ19mm・全長84cm
ハンガーテープ×1 ポリプロピレン
ペグ×14 スチール・25cm
3mロープ×5 ポリプロピレン・Φ4mm
1.5mロープ×2 ポリプロピレン・Φ4mm
キャリーバッグ/ポールケース/ペグ・ロープケース×各1 210Dポリエステルオックス
生地 TC素材(コットン/ポリエステル混紡素材)
重量 総重量14.35kg(本体9.2㎏、ポール3.7㎏、ペグ1.45㎏)
収納サイズ L77cm×W36cm×H23cm
オプション・アクセサリー MORNING GLORY Inner Tent モーニンググローリー インナーテント

これでいて値段が44,000円になります。驚きの高コスパテントと言えそうです。

管理人がサバティカルのモーニンググローリーTCを購入しなかった2つの理由

正直機能的には、めっちゃいいテントだと思います。

私も何度も現在使っているサーカスTCから乗り換えようと思ったことか…(笑)

しかし、結局買わずに今までに至ります。

なぜ買わなかったのか。大きく分けて3つの理由があります。

理由①設営・撤収が大変

私は、ワンポールテントの最大のメリットは『設営がラクで構造が単純』ということだと考えています。

サーカスTCならば5本のペグと、1つのポールさえ立ててしまえばそれだけでテントがたたってしまうのです。

一方、今回のサバティカルのモーニンググローリーはデッドスペースを最大限活用し、機能性を持たせたることと引き換えに、ポールの数が多くなってしまい、それに伴いペグや、ロープの数も多くなってしまっています。

つまり単純な構造の従来のワンポールテントに比べて設営が大変、時間がかかるということになります。

設営・撤収が大変ということがデメリットということです。

基本的に私のキャンプスタイルは1泊2日、下調べも最小限に自由気ままに旅立つスタイルなんですよね。

キャンプ場に行くまでに、

ここもいってみたいな!とか、この温泉良さげだから朝早く出て出発してみようかな!とか非常にせわしないスタイルなんですね(笑)

3連休取れたときは違うキャンプ場で1泊ずつ宿泊することもあります。

とにかくキャンプの時は自由でいたい…!

ちょっとわがままかもしれませんが、とにかく思い立ったらすぐ行動したい!

荷物はできるだけ簡素にしたい、設営・撤収はさっとしたいということですね。動きづらくなってしまうのが嫌なんです。

そんな私のキャンプスタイルには、ちょっとこのテントは合わないかな…といった印象でした

逆を言えば2泊3日とか、1つのキャンプ場にじっくり腰を据えて楽しむタイプの方には良いテントなのかもしれませんね!

理由②とにかく重い

サーカスTCのテントの重さは約10.8kgになります。

他のワンポールTCテントも同じように10kg前後の重さだと思いますが、このモーニンググローリーは約14.5kgあります。

インナーテントも入れたらもっと重くなるのかなー…?

なかなかどうして。。。やっぱり重いですね(笑)

高機能性を維持するためにパーツを増やしたせいであり、やむを得ない部分があるのですが、

これも常に自由でありたい私のキャンプスタイルの趣旨とは少しずれているかなーといった印象です。

理由③デザイン性

これは私の性格的なものかもしれませんが、ワンポールTCテントはその形であってほしいっていうのがあるんですよね。

『昔ゲームで主人公たちが寝ていたテント、本に出てくる冒険者が寝ていたテントに寝てみたい…』みたいな少年心をくすぐる形であってほしいのです。

サーカスTCや、ビジョンピークスのTCティピシェルターのようなテントの形・色合いですね!(笑)

サバティカルテントは悪くないけれども、ちょっと近代的過ぎて私の好みと少しずれているかな…といったところです。

今管理人が買うなら…ビジョンピークスのTCティピシェルター

まあここまでいろいろ書いてきましたが、このままではただ私の好き嫌いを言っただけの記事になってしまうので、

今私がキャンプ初心者としてワンポールTCテントを選ぶならば…

といった視点でおすすめするワンポールTCテントをご紹介したいと思います。

それは…ビジョンピークスのTCティピシェルターです。

理由は

①サーカスTCと同価格帯なのに、より高性能(ベンチレーターの調節可能)

②サーカスTCと同価格帯なのに、インナーテントが付いている。

といったところです。

理由のところで、超人気幕のサーカスTCを比較対象として述べていますが、もちろんサーカスTCも本当にいいテントなんです。これは実際使ってみての感想です。

れと比べても同価格帯で、性能が劣らない。むしろ良い部分があるということで、もし私が、キャンプ初心者でテントを持っていないならばTCティピシェルターを選ぶかなあ…といったところです。

これについてはより詳しく記事にかいているのでご参考までに!

再販!値上げ!?ピジョンピークスのTCティピシェルター!?それでもお買い得な3つの理由をサーカスTCと比較しながら解説!
ビジョンピークスのTCティピシェルターがついに再販されました!しかし34,900円→37,900円に値上げをしたようです。それでも十分高コスパなテントであるTCティピシェルター!サーカスTCと比較しながらおすすめできる3つの理由をご紹介します!

まとめ

いかがだったでしょうか。

サバティカルのモーニンググローリーのレビューをしながら、つい私のキャンプ感を語ってしまいました。

みなさんも『自分のキャンプはこうだ!!』ということが分かると、自ずとどんな道具を選べばいいか見えてくると思います。

キャンプは娯楽なので、趣味全ぶりでいってもいいし、機能性重視で選んでもよし!

正解はありません!自分で最高のキャンプ時間を過ごせるようにテントを選んでみてくださいね!

それではー!

テント
スポンサーリンク
yuich.k0917blog@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆーのキャンプギア発掘

コメント

タイトルとURLをコピーしました