グルキャンはこれ1つで全て解決のSUPERランタン!ルーメナー2、ルーメナー7、ルーメナープラスを比較・紹介!

ランタン

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

こんにちは!管理人のゆーです!
以前ランタンの記事で「Goal Zero Lighthouse Micro Flash」をご紹介しました。

キャンプだけじゃなく災害時にも!?絶対に持っておきたいコスパ最強LEDランタン!「Goal Zero」
コスパ最強のランタン「Goal Zero Lighthouse Micro Flash」USB充電可で、170時間の駆動時間、最大150ルーメンのLEDライト機能、コンパクト、多機能かつ頑丈な設計。ファミキャン、ソロキャン、災害時、なんでもござれのランタンです!

上記記事では、管理人は「Goal Zero」のランタンはソロキャンプならばメインランタンの1つとして、グループ、ファミリーキャンプならば、サブランタンの1つとして持っていく!というようなお話をしましたが、

今日は、ファミリー、グループキャンプでのメインランタンになるLUMENA(ルーメナー)のランタンについてご紹介します。

ルーメナーの何がすごいの??

ルーメナーのランタンの何がすごいって

  • LEDランタンとは思えない圧倒的な光量(1300~1800ルーメン)
  • LEDランタンとは思えない圧倒的な持続時間(使用時間最大100~160時間、最高照度でも8~12時間)
  • LEDランタンなのに、モバイルバッテリーになる(10000~20000mAh、スマホ3~4回または7~8回充電可能なスペック)

この3点になります。

LEDランタンをメインランタンに選ぶ方はかなりいると思います。
メインランタンに選ぶ方は、ガスランタンや、灯油ランタンに比べ取り扱いが簡単(充電し、スイッチ1つで光のON・OFFの調整が可能)であるところに魅力を感じて購入される方が多いと思いますが、LEDランタンのデメリットとして光量が小さいこと(150~300ルーメン程度のLEDランタンは非常に多い)が挙げられます。その弱点を完璧に克服し、さらに使い勝手が良くなっているのがルーメナーのランタンと言えます

見てください!この片手に収まるサイズ感でこのスペックはやばくないですか!?

ルーメナーのランタンは、クラウドファンディングによって集められた資金によって開発された「LEDランタン」であり、最新技術の集大成として作られたLEDランタンなんですね!

CのUSBポートや車のシガーソケットから給電可能で、充電アダプターは付いてませんが、お手持ちのスマホ用のアダプターで充電可能です。家でも車でも充電可能なのは非常にポイントが高いですよね!(笑)
また、電源ボタンを3秒ほど押すとSOSフラッシュが点滅される驚きの機能もあります。

ルーメナーの種類について

現在、ルーメナーには3つの種類があります。
数字が大きいからと言って最新モデルじゃないのがややこしいところなんですが…(笑)

基本的にルーメナー7は廉価モデルで、それなりのスペックに落とし込み価格も抑えたモデル

ルーメナー2はさらに使いやすさを追求した最新モデル

ルーメナープラスは容量や光量を大きくしたモデル

以下スペック比較表になります。

ルーメナー7 ルーメナー2 ルーメナープラス
サイズ 約92×92×28mm 約129×75×23mm 約146×96×28mm
重量 約220g 約300g 約440g
明るさ 約260~1300Lm各色4段階 約100~1500Lm 約150~1800Lm
調光機能 昼光色、昼白色、電球色 昼光色、昼白色、電球色
昼光色、昼白色、電球色
バッテリー容量 10,000mAh 10,000mAh 20,000mAh
駆動時間 約8時間(High)、約100時間(Low) 約8時間(High)、約100時間(Low) 約12時間(High)、約160時間(Low)
充電時間 約5時間40分 約5時間40分 約8時間
防水・防塵・耐衝撃機能 × ×
その他 マグネットフックがあり、テントのどの位置にでも設置可能
値段(税込み) 12100円 16280円 17315円

マグネットフックはテントの記事をマグネットフックとルーメナーで挟むようにして留める仕組みみたい!新しい発想ね!

そーだね!コスパ・コンパクト重視のルーメナー7、防水・防塵・耐衝撃とアウトドア要素をてんこ盛りにしたルーメナー2、明るさとバッテリーの大きさで勝負のルーメナープラスといった感じかな!

 

まとめ(管理人はどれを選ぶ?)

非常に悩ましいところですが、私だったらルーメナー2を選ぶと思います。

理由は以下のとおり

・アウトドア対策(防塵、防水、耐衝撃)ができている点
・マグネットフックのおかげでテントのどこにでも付けられるところ
・車でのキャンプが多いためそこまで積載を気にしなくても良い(ルーメナー7とルーメナー2の重さ・サイズ感のの違いは誤差の範囲)

といった理由からですね。ルーメナープラスのスペックは、私のキャンプスタイルにはオーバーな気もしました。
ルーメナー7ももちろん悪くはないのですが…ちょっと背伸びしていいものを買ってしまいたくなる私の性分上ルーメナー2になりました。サイズ感は私からしてみればどれも片手に収まる範囲ということで誤差の範囲内でした。

以上ルーメナーシリーズの紹介でした。
キャンプを始めるにはいい時期になってきましたね!キャンプギアも良いものを揃えてキャンプを楽しみましょう!

 

ランタン
スポンサーリンク
yuich.k0917blog@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆーのキャンプギア発掘

コメント

タイトルとURLをコピーしました