キャンプだけじゃなく災害時にも!?絶対に持っておきたいコスパ最強LEDランタン!「Goal Zero」

ランタン

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

こんにちは!ブログ管理人のゆーです!
今日は管理人の私も使っているコスパ最強のLEDランタンである「Goal Zero」というランタンについてご紹介します。

なぜ「Goal Zero Lighthouse Micro Flash」のランタンがコスパ最強のランタンか、その使い心地・理由を含めて紹介していきます!

まずランタンの大まかな分類から

ランタンは大きく分けて4つの種類に分類されます

  • LEDランタン
  • ガスランタン
  • ガソリンランタン
  • 灯油(ケロシン)ランタン

LEDランタン

もっとも取り扱いやすいのがこのLEDランタンであり、近年急速に広がってきたことが特徴です。
電気の力を直接光に変えて効率よく発光するものですね。
そのため充電や乾電池等が必要になります。
メンテナンスはほぼいらずに、かなり丈夫。取り扱いも簡単で価格も安価です。
スイッチ一つで灯りのON/OFFができるのも素晴らしいですね。
そのため絶対にキャンプでは1個は持っておきたいアイテムですね。もちろん災害時の光源としても最適です。

ガスランタン

LEDランタンに比べるとぐっと嗜好性が高くなりますね。ブタンやイソブタンガスを燃料として、マントルを燃焼させ、光源を得るものがほとんどです。ガスの消費量が大きいこと、定期的にマントルを交換しなければならないためランニングコストは大ですが、そのぶんキャンプサイトをかなり明るく照らす光源を得ることができます。燃焼はCB缶でOKなタイプもあれば、OD缶が必要なタイプもあり、OD缶の場合は1晩1,000円弱のコストになるでしょう。
マントルの空焼きや、着火作業が入るため取り扱いもLEDランタンよりは難しくなります。
光量に特化したコールマンのガスランタン、ユニフレームのガスランタン、嗜好性に特化したスノーピークのノクターンランタン、コールマンのルミエールランタンなどがあります。

ガソリンランタン

ホワイトガソリンを燃料とするものです。ポンピングというガソリンを加圧してガス状に噴霧させる作業が必要とされたり、プレヒートという、ランタンを前もってアルコール等を使って温める作業が必要になるため、取り扱いの難しさはガスランタン以上!灯油よりも精製されているので、揮発性もある程度あるため一歩取り扱いを間違えればテントが燃えてしまった!ということにもなりかねません。かなり玄人向けのアイテムです。燃費はガスランタンと同程度でしょうか。サイズ感も大きいものが多いです。
嗜好性が強いランタンですので、欠点もありますが、その光は火のように暖かく強く、キャンプという非日常を際立たせてくれるものになります。
コールマンのランタンが有名ですね

灯油(ケロシン)ランタン

ホワイトガソリンよりも精製されていない灯油を燃料とするランタンです。
必要な取り扱いはガソリンランタンと同じと考えてよいと思います。精製されていない分燃焼させると煤とかが出やすく、メンテナンスはガソリンランタンより多そうですね。
ただ灯油はホワイトガソリン、ガスに比べると燃料の値段が1/10程度になるため、ランニングコストは安く済みます。
PETROMAX社のランタンが有名です。

 

以下各ランタンの性質をまとめると下表のようになります。

明るさ 使いやすさ ランニングコスト 嗜好性 本体価格
LEDランタン ×
ガスランタン ×
ガソリンランタン △or× × ×
灯油(ケロシン)ランタン × ×

ランタン表については個人の感想なのであくまで参考に!

ランタンにもいろいろ種類があるのね!

 

LEDランタンはキャンプ初心者向けかな!もちろん初心者卒業しても、便利だから使い続ける人もいっぱいいるよ!ガスランタンは中級者、ガソリン、灯油ランタンをうまく使いこなせばもう上級者だね!

Goal Zero Lighthouse Micro Flash がコスパ最強だと思う3つの理由

Goal Zerp LIGHTHOUSE micro FLASH

充電用ポート:USB
最大5W(5V、1A)
LEDライト
最大150ルーメン
バッテリーの種類:リチウムイオン電池
バッテリー容量:9.62Wh(3.7V、2600mAh)
連続使用時間の目安:7~170時間
充電時間の目安:約3.5時間(USB充電時)
本体重量:68g
本体サイズ:約93×37.75mm
推奨使用温度域:0~40℃
型番:32005

  • USB充電可で、170時間の駆動時間
  • 最大150ルーメンのLEDライト機能
  • コンパクト、多機能かつ頑丈な設計

ちなみにGoal ZeroはLEDランタンに分類されます。上記のように、LEDランタンは汎用性に優れるため、「いや、おれは灯油(ケロシンランタン)で灯りを得るんだ!!」という方でも、バッグに1つ忍ばせておくと何かあったとき安心ですし、メインランタンとしてでなくてもサブランタンとしても使えるので持っておいて損はないです!

USB充電可で170時間で駆動時間

なにかとせかせかしがちなキャンプの準備、いざランタンを持ってみたら充電不足なり、電池不足なりがよくあります。そんな時でも車のシガーソケットで充電できるというのはとても便利なメリットです。画像のとおりPCでももちろん充電可能ですよー!

また充電の残量が目視できるというのも素晴らしいです。下の画像をみると青い光が4つあるのが分かりますよね。これでどれくらい充電があるのか分かるようになっています。
あまり充電残量確認機能がついたランタンってないんですよね(笑)他メーカーさん!開発をお願いします!


そして最大170時間駆動してくれるというのは本当にありがたい!日数にしてみると約6日分つけっぱなしでも電池は切れることはないということですね(使用するモードにもよりますが。。。)

2泊3日のキャンプや3泊4日のキャンプでは重宝するでしょう。

最大150ルーメンのLEDライト機能

最大150ルーメンと言われてもピンときませんよね(笑)
これは私の部屋(8畳)で150ルーメンの出力でランタンをつるしてみた結果です。

ランタン(光量大)

ランタン(光量大)

かなり明るくなりませんか?隅まで照らしてくれる明るさです!
LEDランタンで150ルーメンをこのコンパクトさで確保してくれるランタンってほかにはあまりありません。

コンパクト、多機能かつ頑丈な設計

このGoal Zeroには3つの機能があります。

  • ランタン(光量:大)
  • ランタン(光量;小)←このときに170時間駆動可
  • 懐中電灯

私の部屋を暗くしたときに3つの機能がどのように作用するかは↓のとおりです。

ランタン(光量小)

ランタン(光量小)

ランタン(光量大)

ランタン(光量大)

懐中電灯機能

懐中電灯機能

ランタン(光量;大)はもちろん十分な明るさですが、ランタン小でもそれなりに明るくなりませんか?ソロ~デュオ用テントなら十分メインランタンとして働いてくれそうですし、もっと大きなファミリー用のテントやサイトでもサブランタンとしては十分に働いてくれるでしょう。
また以外に重宝するのが懐中電灯機能!夜中トイレにいったり、水洗い場に行くのに懐中電灯があると非常に便利です!カラビナがついているのも〇!

また防水性もあり耐久性も非常に優れており画像のとおり非常にコンパクトなのも〇サイズ感としてはPCのマウスと同程度です。

管理人のGoal Zeroの使い方及び注意点

管理人はいつもキャンプやちょっとのお出かけにつかうナップザックがあるのですが、いつもそこに忍ばせています。災害時にも使えますしね!(笑)
ソロキャンプの時はこれともう一つのLEDランタン、嗜好用のガスランタン(コールマンのルミエールランタンなど)を持っていきますね!
グループ・ファミリーキャンプの時にはサブランタンとして持っていきます。メインはガスランタン(ユニフレーム社)を使ってますねー
リチウムイオン電池内蔵なので飛行機にはもちこめたいのが唯一の欠点かつ注意点かな。。。
あと購入時の注意点としては「Goal Zero Lighthouse Micro」という懐中電灯機能がついていない分お安くなっているモデルもありますので間違えないようにしましょうね。

「Goal Zero Lighthouse Micro Flash」本ブログで紹介した懐中電灯付きモデル

「Goal Zero Lighthouse Micro 」懐中電灯機能なしの廉価版モデル

まとめ

どんな場面にも使える(もちろん災害時にも)Goal Zero Lighthouse Micro Flashは1本もっていると非常に便利です。

キャンプ道具はまず、どんな場面でも腐らないものから集めていくと最終的には無駄が出ないと思います。

それではまたどこかでお会いしましょう!!

ランタン
スポンサーリンク
yuich.k0917blog@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆーのキャンプギア発掘

コメント

  1. […] キャンプだけじゃなく災害時にも!?絶対に持っておきたいコスパ最強LEDランタン!「Goal Zero」コスパ最強のランタン「Goal Zero Lighthouse Micro Flash」USB充電可で、170時間の駆動時間、最大15 […]

タイトルとURLをコピーしました