コスパ最高!?FIELDOORのONEPOLETENT(ワンポールテント)T/C 240とFORKTENT(フォークテント)T/C 280を徹底比較!

テント

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

こんにちはー!

管理人のゆーです!

今日はコスパ良い商品を作り続けているFIELDOORから新作テントが発売されたのでそのテントについてのレビューになります。

ズバリ…そのテントは「ONEPOLETENT(ワンポールテント)T/C 240」

名前のとおり、TC素材のワンポールテントで、ソロキャンプ用のサイズ感になります。

過去、FIELDOORでは似たようなコンセプトのFORKTENT(フォークテント)T/C 280も販売してきましたが、それとどう違うのかを比較しながらの記事になります。

TC素材のソロ用ワンポールテントが欲しい方はぜひご覧ください!

ONEPOLETENT(ワンポールテント)T/C 240の基礎スペックを確認!

まずその基礎スペックを確認してみましょう!

FIELDOOR(フィールドア) | ワンポールテント TC 240
FIELDOOR (フィールドア)ワンポールテント TC 240の公式ページです。ポールを立ち上げて簡単・おしゃれに設営できる軽量コンパクトテント。焚火に最適なTC素材。アウトドア用品、キャンプ用品はFIELDOORがおすすめ。

サイズ本体サイズ : (約)240cm×240cm×150cm
インナーサイズ : (約)220cm×110cm×140cm
収納時 : (約)18cm×38cm×16cm

重量:(約)4kg

材質フライシート : ポリエステル65%、コットン35%
インナーテント: ポリエステル
グラウンド : ポリエステル
ポール : 超々ジュラルミン (A7075系)

耐水圧:428mm

価格:15,400円

まず着目したいのはサイズ感です。

フロアサイズは240×240cmで、コット2台入れても十分の広さです。

1人でも、コット、チェア、テーブルを置いて外の自然を感じながらゆっくり過ごせるのはいいですね!

テントも前後オープンするので出入りも自由自在です。

しかも嬉しいことにハーフサイズのインナーテント付きです。

下の画像のとおり、横づけにインナーテントを設置可能です。しかも全方向閉じて蚊帳のようにもできるし、前方やテント内部に向けても開閉可能なので非常に出入りがしやすい!

こういった配慮は嬉しいですねー!

インナーテントで横になりながら、インナーテント外にテーブルを置いて作業をするといったようなスペースを無駄にしない運用ができるよ!

ワンポールテントの弱点であるデッドスペースの大きさをこういう横づけのインナーテントを使うことでうまくカバーしている印象です!

素材はTC(テクニカルコットオン)でポリエステルにコットンを35%混ぜ込んだ混紡生地なので、結露しにくく、焚火にも強いのが特徴です。

またワンポールテントの大きなメリットはその設営の単純さ!構造も簡単なので、難しいことを考えずに設営できるのは非常に嬉しいところです。

私個人としてはTC生地の質感、色合いが非常に好みであるのも加えてテント素材はTCのものをおすすめしています!

グラウンドシートについては付属してないので、別途用意する必要があります!専用のものは下記リンクから購入できます。

ONEPOLETENT(ワンポールテント)T/C 240とFORKTENT(フォークテント)T/C 280を徹底比較!!

似たようなコンセプトを持つFORKTENT(フォークテント)T/C 280と比較してみましょう!

ちなみに

FORKTENT(フォークテント)T/C 280については過去記事で紹介していますので参考までに!

簡単に言うと、デッドスペースを減らすために2股化したティピーテントです。

ソロ用TCワンポールテントの新たな雄!FIELDOORのフォークテント T/C280をパンダTC等と徹底比較
ソロ用ワンポールTCテント(ティピーテント)のレビューになります。類似製品のパンダTC+やバンドックソロティピー1TCと比較しながら、違いやその性能について評価しています。なんといっても特徴は2股化!メリットデメリットを含めてご紹介します。
ONEPOLETENT(ワンポールテント)T/C 240 FORKTENT(フォークテント)T/C 280
サイズ (約)240cm×240cm×150cm (約)280cm×280cm×175cm
インナーサイズ (約)220cm×110cm×140cm (約)260cm×130cm×160cm
収納サイズ (約)18cm×38cm×16cm (約)16cm×16cm×70cm
重量 (約)4kg (約)6.8kg
ポール素材 超々ジュラルミン (A7075系、ワンポール) スチール(2股化)
価格 15,400円 19.910円

やはりサイズ、インナーサイズはワンランクダウンしていますね。ただ狭いというわけでは決してなく、通常のソロ用ドーム型テントのサイズは(約)230cm×130cm×100cm~120cm程度であることを考えると、デッドスペースを考慮しても居住スペースは十分に広いと言えるでしょう。

どちらかというとフォークテントT/C 280がソロ用にしては「かなり広い」といった印象です。

一方で、収納サイズ、ワンポールテントT/C 240の方がかなりコンパクトにまとまっています。3kg弱違うと重量感も全然違います。

またポール素材もスチールではなく超々ジュラルミン (A7075系)を使っているのも評価点ですね。

軽量性と頑健性を兼ね揃えるために良質な素材にこだわってきた感じです。

また、組み立てやすさについても単純性からワンポールテントに軍配が上がります。

過去に2股テントの組み立てをしたことがありますが、やはり、ワンポールテントの設営の単純さにはかないません…(笑)

価格はサイズ感を踏まえるとどっこいどっこいといったところでしょうか。

どちらにしてもこの価格帯でTC素材のインナーテント付きソロ用テントを購入できるのは非常にコスパが良いと思われます!

やっぱりワンポールテントT/C 240はかなりソロ用、積載を気にした作りって印象!丈夫で軽量、コスパをコンセプトにしたテントって感じだね!

まとめ

まとめになります!

  • FIELDOORから発売されているワンポールテントT/C240は良コスパ、軽量、丈夫の3つが揃った良テント
  • フォークテントT/C280と比較すると組み立てやすさ、軽量・コンパクト性は勝るが、居住スペースの広さは劣る
  • ソロ用TCワンポールテントを購入する方には十分選択肢になりうる。というかかなりおすすめ!

といった感じですね!

コスパに優れるテントであるので、このようなテントが欲しい方には買って損になるということはないと思います。

購入検討の参考にしてみてくださいねー!それでは!!

FIELDOOR(フィールドア) | ワンポールテント TC 240
FIELDOOR (フィールドア)ワンポールテント TC 240の公式ページです。ポールを立ち上げて簡単・おしゃれに設営できる軽量コンパクトテント。焚火に最適なTC素材。アウトドア用品、キャンプ用品はFIELDOORがおすすめ。
テント
スポンサーリンク
yuich.k0917blog@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆーのキャンプギア発掘

コメント

タイトルとURLをコピーしました