暖房器具

スポンサーリンク
暖房器具

「PASECO(パセコ) 対流形石油ストーブ CAMP-25」について徹底レビュー!今までの定番石油ストーブとの違いは?

今話題になっている「PASECO(パセコ) 対流形石油ストーブ CAMP-25」についてのレビューです!火力、タンク容量、サイズ、重量の規格すべてがビッグで面白い収納スペックがあるストーブです。他のメジャーな石油ストーブ(フジカハイペットなど)と比較してその性能をまとめました。
暖房器具

アラジンのタイマー付き石油ストーブのデザインが良い!グローストーブと比較しながらレビュー!

オシャレな家具・ストーブメーカーのアラジンから販売されているアラジンのタイマー付き石油ストーブについてのレビューです。アウトドア用石油ストーブのスノーピークのグローストーブと比較しながら、アウトドア運用できるのか、またその製品の特長をレビューしました。
暖房器具

冬キャンプの暖の取り方のステップアップ!ガスストーブ→石油ストーブ→薪ストーブへ!

冬キャンプにかかせない暖房器具の話になります。暖房器具は大きくカセットガスストーブ・石油ストーブ・薪ストーブに分けられますが、その特徴を解説しました。初心者の方向けが初めて暖房を使う際にどれを使えば良いかも説明しています。
暖房器具

2021年リニューアル!Mt.SUMI(旧Locomo)のAURAはスチール製薪ストーブ!大きな変更点2つ

Locomoの薪ストーブがリニューアルし、名称も変更(Mt.SUMI AURA)したことによる変更点を調べてみました。大きな変更点は燃焼効率の向上、価格の高騰の2点です。総合的にみて何とも言えない変更ですが、以前と変わらずよいスチール製薪ストーブのようです。
テント

キャンプ道具はシーズンじゃないときに買おう!?暑い夏にこそ冬キャンプ(暖房器具)、寒い冬こそテントの準備を!

キャンプアイテムは需要が大きくなるシーズン中に不足しがちになり、シーズンオフには入手しやすくなる傾向があります。人気暖房器具やテントを例にあげてここ数年の市場の動きを解説し、今現在購入しておくべきキャンプギアをご紹介しています。
2021.09.02
暖房器具

薪ストーブに必須のオプション!煙突ガードは絶対準備しよう!汎用性抜群のテンマクのテントプロテクターがおすすめ!

薪ストーブに必須のオプションであるテントプロテクター、各メーカーから専用品が出ていることも多いですが売り切れのケースもそれなりにあるようです。そういったときのために、多くの薪ストーブに装着可能な汎用性に優れるテンマクデザインのウッドストーブのテントプロテクターをご紹介します。
暖房器具

No.1のガスストーブであるユニフレームワーム2!現在は廃盤!?代替品はイワタニの「マイ暖」!

冬キャンプの簡易な暖房にはピッタリのガスストーブについて雑記的な記事になります。規格の改定により、アウトドア用ガスストーブのラインナップは大きく変わりましたが、それに伴うおすすめのガスストーブをメリット・デメリットを合わせながらご紹介します。
暖房器具

ワークタフストーブ(worktuff stove)はステンレス304、絶妙なサイズ感のNewスタンダード薪ストーブ

ステンレス製薪ストーブとして販売されている「ワークタフストーブ」。Winnerwell Nomad Viewの陰に隠れがちですが、こちらの薪ストーブもそれに劣らずの品質をもつ良質な薪ストーブです。ステンレス304を使い、一部の面ではWinnerwell Nomad Viewに勝る性能を持つ薪ストーブになります。
暖房器具

Locomo(ロコモ)の薪ストーブアウトドアワイドはロマンの塊のスチール製薪ストーブ(弱点はスチール製であること!?)

現在入荷待ちになっているLocomoのスチール製薪ストーブ「薪ストーブアウトドアワイド」についてのレビューです。非常に大きな窓ガラス、燃焼効率の良さが特徴な薪ストーブですが、弱点もいくつかあるので含めてご紹介します。ロマンの塊!の薪ストーブです。
暖房器具

薪ストーブの選び方!ステンレス製?スチール製?それぞれのおすすめの薪ストーブもご紹介!

ステンレス製、スチール製の薪ストーブの選び方についてです。ステンレスは扱いやすい、スチールは暖房性能が高いなどお互い一長一短があるので、自分の使い方に向くストーブを選べるといいですね!またその中で管理人おすすめの薪ストーブもいくつか紹介いたします。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました