大人気!?雰囲気ありまくりのアラジンのポータブルガスストーブについて比較・レビュー!

暖房器具

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

こんにちはー!

管理人のゆーです。

秋・冬キャンプを楽しむためのカセットガスストーブについての記事になります。

今日はアラジンのポータブルガスストーブについてのレビューです。

非常にレトロでかわいらしいデザインで、ガスストーブの割に高火力であると評価の高いガスストーブですが、

その真価、メリット・デメリットについてレビューしたいと思います!

まずは基本スペックについて確認!

まずは基本スペックについて確認してみましょう!

本体寸法:W320×D335×H390mm
本体質量(重量):約5.7kg
発熱量:2.0kW(1700kcal/h)~0.8kW(690kcal/h)
連続燃焼時間:約1時間40分~4時間20分
点火方式:圧電点火方式
着脱方式:レバー式
安全装置:圧力感知安全装置/立消え安全装置/転倒時消火装置/不完全燃焼防止装置
付属品:収納袋/コンセプトブック
別売品:専用カセットボンベ

寸法はW320×D335×H390mm程度、重さは5.7kgです。

写真を見る限り、結構小さく見えますが、それなりの重さだと思います。

持ち運びの点ではちょっと不便かもしれませんが、デザインはガスストーブの中では群を抜いていると思います。

かわいらしい収納袋と説明書が付いています。収納袋は非常に嬉しいですね。

また、基本的にアウトドア用ガスストーブは、室内使用不可なのですが、このストーブは安全装備が非常に充実しており、外でも中でも使える豪華仕様です。

圧力感知安全装置:カセットボンベが異常に熱せられて高圧になると、自動的にガスの供給が止まり、火が消える装置
不完全燃焼防止装置:室内酸素濃度が低くなり、不完全燃焼をする前に、自動的にガスを遮断して消火する装置
転倒時消化装置:倒れたり、強い衝撃が加わった時に、自動的にガスを遮断して消火する装置
立消え安全装置:風などによって火が消えた場合にガスの供給を自動的に止める装置

テント内でも換気をしっかりすれば使えるのは非常に嬉しいポイントです。

カセットガスストーブはそもそも他の暖房器具(石油ストーブ、薪ストーブなど)と違い、燃料がブタンガスと非常に使い勝手が良いので、入門用の暖房器具にもぴったりです。

カセットガスをはめ込んで、スイッチを押すだけ!

非常に簡単ですね!

気になる火力と維持時間!ライバル暖房器具と比較!

アラジンのカセットガスストーブの売りは火力が高いところです。

どの程度火力が高いのか。。気になるところですよね。

室内での使用を前提としてるイワタニのカセットガスストーブと、アウトドア用の石油ストーブとして非常に人気のフジカハイペットと気になる各項目について比較してみました。

ちなみにイワタニのカセットガスストーブは↓のような感じで、屋内専用で、外での仕様用には作られていないみたいでので、使うとしたらよく換気してテントの中で使うといった用途になります。

アラジン
カセットガスストーブ
イワタニ
カセットガスストーブ
フジカハイペット
石油ストーブ
火力 2.0kW~0.8kW 1.0kW~0.85kW 2.50kW
連続燃焼時間 約1時間40分~4時間20分 約3時間20分~3時間50分 10~12時間
重さ 5.7kg 約2.6kg 約5.6kg
サイズ W320×D335×H390mm W311mm×D208mm×H299mm W310×D310×H432mm
着火 スイッチ スイッチ マッチ、ライター
燃料 ブタンガス ブタンガス 灯油
値段 27,000円程度 10,000円程度 29,700円~程度

これを見ると、

アラジンのカセットガスストーブは、石油ストーブであるフジカハイペットに追随する火力を持っていることが分かりますね!

イワタニのカセットガスストーブの約2倍のMAX火力です。

カセットガスストーブでここまで火力を出せるのはすごいことだと思います。

それに火力の調節もかなり自由が効くのがうれしいところですね!

一方で、重さも石油ストーブと同等レベルになってしまっているのは、運搬上マイナス点です。

(ただし重い分質感はかなり良いので一長一短か…?)

連続燃焼時間についても、やはりガスストーブと石油ストーブだと後者のほうが優れています。

ただ同じガスストーブであるイワタニと比較しても燃費が悪いということは全くなさそうです。

値段についてはアラジンはちょっと高価かな…?といったところです。

管理人がアラジンのカセットガスストーブについて思うところ

以上の基礎スペックや比較を踏まえて管理人がアラジンのカセットガスストーブについて思うところは

コスパは普通(微妙)!けれども気楽に味わえるロマンの塊!

といった感じです。

カセットガスストーブでここまでレトロで雰囲気のあるデザインをしてるものはアラジンさん以外にないので、

外見が気に入り、どうしても欲しいか、欲しくないのかが

購入の判断基準になるでしょう。

このガスストーブは「コスパ」という観点から見ると普通もしくは微妙かもしれません。

イワタニのカセットガスストーブに比べ値段も高いですし、そもそも暖を取るにはガスより灯油の方が、燃費的にも火力的にも優れています。

ただ、キャンプで燃料が統一できているということは本当に素晴らしいことで、皆さんにおすすめしたいことでもあります。

ほとんどの方が調理にカセットガスを使うと思いますが

カセットガスで調理もでき、暖も確保できるというのは非常に汎用性が高く、いざという時に困らずに、必然的に忘れ物で困るということもなくなるんですよね。

僕もいつか燃料を統一してスマートなキャンプをしたいんだ…!

燃料がガスならば、調理もガス、ランタンもガス、暖もガス

みたいな感じでね!

またカセットガスでの運用自体も、安全で楽ちんというのは、灯油にもない大きなメリットだと言えます。

まとめ(アラジンのポータブルガスストーブのメリットデメリット)

まとめです。

アラジンのポータブルガスストーブの

メリット

  • デザインがレトロで雰囲気があり、ロマンの塊で最強
  • カセットガスストーブにしてはかなりの高火力で暖を取りやすく、燃費も良い
  • 屋外・屋内の両方の運用が可能
  • 灯油にくらべガスは取り扱いが楽
  • 燃料の統一化ができれば、非常に持ち物や運用がスマートになる

デメリット

  • カセットガスストーブにしてはかなり重く運搬が大変
  • 価格は高めで、燃費も石油ストーブに比べると悪い
  • 火力は石油ストーブには近いものがあるが及ばない

こんな方にオススメです!

  • とにかくデザインが気に入った方
  • カセットガスで多少燃費が悪くても、お手軽に秋冬キャンプで暖を取り、快適なキャンプを過ごしたい方

いろいろ書いてきましたが、私個人としては

非常にレトロで雰囲気のあるデザインが何よりも好みですし、カセットガスストーブの割に火力が高いので幕内幕外でも使い勝手がよさそうであること、ガス自体が取り扱いが非常に楽であることから、非常に欲しいギアの1つです(笑)

以上になります。

購入を検討している方の参考になれば嬉しいです!

それではー!

暖房器具
スポンサーリンク
yuich.k0917blog@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆーのキャンプギア発掘

コメント

  1. […] 大人気!?雰囲気ありまくりのアラジンのポータブルガスストーブについて比較・レビュー!大人気のカセットガスストーブであるアラジンのポータブルガスストーブについて基礎スペ […]

タイトルとURLをコピーしました