無料!炊事場あり!トイレ綺麗!アクセス良し!長野県飯田市の妙琴公園キャンプ場をレビュー!(欠点3つ)

キャンプ場紹介

こんにちはー!

管理人のゆーです!

今日はキャンプ場レビューをしたいと思います!

場所は長野県の南部に位置する飯田市の山際のキャンプ場である妙琴公園キャンプ場をご紹介したいと思います。

なんといっても無料が嬉しい、市が運営する公営のキャンプ場です!

妙琴公園キャンプ場(飯田市) | 南信州ナビ - 長野県南部飯田市のいちご狩り・りんご狩り・桜情報・温泉や宿泊等の観光ガイド

それではどんなところが良いのか、欠点はあるのか、以下見てみましょう!

アクセスは◎!インターから近いし、温泉・食料品店も間近!電波もOK!

まずアクセスについてです!

位置はこんな感じですね~

最寄りの飯田ICから10分といったところです。

細い道もなく、大きな車で入っていくことが可能なのも安心です!

私は楽天モバイル(ドコモ回線)を使用していますが電波も◎でした。普段使いの時の使用感と何ら変わりません(笑)

買出しについては飯田IC付近にスーパーの西友、ホームセンターのカインズがあり、もちろんコンビニのファミリーマートも間近5分にあり立地はかなりいいですねー!

バーベキューをやる場合は、ぜひおすすめの肉屋さん(肉のいちのせ)によっていただくのがお勧めです!

長野県飯田市は実は焼き肉の町なんです!(笑)

この地方の人が良く食べる、豚の部位として有名な「カシラ」をぜひ食べてみてください!

この部位は普通のスーパーには売ってなく、地元の肉屋さんにしか売っていないレアなお肉ですので是非食べてほしい部位です。

カシラは後頭部の肉の部位をいいます。

油は少なめですが、こりこりとした歯ごたえがありジューシーで絶品です。

もちろん(肉のいちのせ)さんには売っていますよ!

また10分ほど離れたところには砂払温泉という入浴施設もあり600円程度で利用可能なので汗を流すのにも最適ですねー!

以下リンクになります。

ご入浴
 砂払温泉自慢の七種類のお風呂「新七色の湯」。 それぞれに違った効果を持つ七つのお風呂で、こころゆくまで天然温…

全体的に見て立地は非常に良いね!困ったときになんでも対応できそうだね!

そうだね!

あと、豚のカシラは本当においしいよ!ぜひ食べてみてね!

 

サイトの様子をご紹介!自然が豊富でトイレ・炊事場もきれい!

サイトの様子をご紹介です!

まずは駐車場、風景や自然から~

入口ですねー!

駐車場はこんな感じです!縦列に止める感じですね。

右側がキャンプ場です。オートキャンプではないので20~50mは荷物を運びこむ必要があるのがたまに傷ですかね。

サイトによっては、もっと荷物運びの距離が長くなるかもです…

サイトは非常に広く、キャンパー同士のプライバシーの確保もできていい感じです。

松の木が生えているので、松ぼっくりが拾え、火種として使えますが、薪は買ってこないと手に入らないですね。

芝生も程よく整備されてていい感じです。

松の木を利用してハンモックを楽しむこともできそうです。

サイトのほぼ全ての場所が平らなので、テントを立てるのに苦労することもないでしょう。

星を見上げたい人は木がないポイントがおすすめですよー!広々としていて気持ちいいです。

レジャーポイントとしてきれいな小川があります。

石もいい感じにあり川遊びを楽しむこともできます。

こども用に流れが弱く、浅いところもあるのでお子さん連れにもおすすめです!

下の写真をみると、そのまま足を付けている人も水着姿でいる人もいますねー(笑)

水は透明感があり、全く嫌な臭いもせず、非常にきれいでした!

橋も見えてロケーション抜群です。渓流釣りも楽しめそうですねー!

水はキンキンに冷たくて夏場は最高です!(笑)

続いてトイレや炊事場のご紹介です。

まずはトイレです!

手洗い設備もある整ったトイレでした。

中の写真は撮っていませんが、スーパーやドラッグストアのトイレレベルで綺麗でした。

駅のトイレよりはきれいかなー!といったところです。キャンプ場でこの清潔感はありがたいですね。

続いて炊事場です。

水回りはとても清潔ですね!洗い物もこれだけスペースがあれば簡単ですね。

このようなシンクが4個ほどあったので周りの人と被ることも少ないかなーといったところ。

非常に広く、ここで野菜やお肉を切ったりすることもできそうです。

水道はこの他にもキャンプ場内に何か所かありました。

欠点・注意点3つ!

最後に、キャンプ場の欠点及び注意点が3つほどあると判断したので簡単に記載します。

  1. 直火の焚火・BBQは禁止
  2. ごみは灰・消し炭も含めて全て持ち帰り
  3. オートキャンプ場ではない

この3点になります。

まず「直火の焚火・BBQは禁止」について

キャンプ場の看板には「焚火禁止」の看板がありますが、市役所の担当に電話で確認したところ

芝生を傷めつけない措置(焚火台、BBQコンロの使用」)がされていれば焚火はやってもらって構わない

とのことでした。

焚火はやっていいのですが、直火はやめましょう。欠点というより注意点ですね!

次に「ごみは灰・消し炭も含めて全て持ち帰り」について

キャンプで出たごみは基本的に全て持ち帰りのようです。消し炭を捨てるスペースがあるキャンプ場もありますが、ここはそうではありません。

ルールに則りきちんと持ち帰りましょう。

また持ち帰るためのごみ袋等もたくさん持って行った方が良いと思います。

最後に「オートキャンプ場ではない」について

キャンプ場の敷地内に車で乗り入れることはできません。

先ほど記載したとおり、サイトによっては重い荷物を車から何往復もして持ち運ぶ必要性が出てきますので要注意です。

荷物を持ち運べるカートがあるようでしたら、ぜひ持っていきましょう。

まとめ

欠点及び注意点を踏まえ妙琴公園キャンプ場を紹介しましたが、全体的に使いやすい素晴らしいキャンプ場だと思います。

市が良く管理してくださっているみたいで、基本的な施設も整っており、景観も良い。

こんな素敵なキャンプ場が無料で使えるのは嬉しいところですよね!

ぜひルールをきちんと守って利用してみてください!

(豚のカシラもほんとに美味しいので食べてみてくださいねー(笑))

それではー!

キャンプ場紹介
スポンサーリンク
yuich.k0917blog@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆーのキャンプギア発掘

コメント

タイトルとURLをコピーしました