【玄人向け】パンダTC+に激似!TOMOUNTのソロ用ワンポールTCテントは買いか!?

テント

TOMOUNTという中国のキャンプメーカーからテンマクデザインのパンダTC+に酷似しているワンポールTCテントを販売しているのを発見しました。

パンダTC+はサーカスTCを1~2周り小さくしたソロ用ワンポールTCテントとして、現在でも人気があるテントです。

スカートが付いたテンマクパンダシリーズ!パンダTC+は買いか!?管理人は様子見予定!
人気のソロサイズワンポールTCテントのパンダTC、VCにスカートが付いた!?パンダTC+とパンダVC+の魅力をご紹介!また管理人の考えるメリット・デメリットも記述しています!

TOMOUNTのテントは明らかパンダTC+のコピー品ですが、果たしてコスパの点でパンダTC+を上回ることができるのか?パンダTC+の代替品となりうるのか?そのような観点からの記事になります。

created by Rinker
¥34,980 (2022/10/07 03:27:18時点 楽天市場調べ-詳細)

TOMOUNTのテントの基礎スペックをパンダTC+と比較しながら確認!

まず、どの程度パンダTC+と似ているのか、比較しながらその基礎スペックを確認してみました。

TOMOUNT
ワンポールテント TC 1.7m
パンダTC+
収納サイズ55 × 20 × 20 cm53 × 27 × 19 cm
テントサイズ270 × 270 × 170 cm270 × 270 × 170 cm
インナーサイズ230 × 120 × 150 cm250 × 115 × 155 cm(インナーは別売り)
重量6.7kg6.28kg
素材コットン35%、ポリエステル65%
ポール直径19mm 6061アルミ合金
コットン35%、ポリエステル65%
ポール直径22mm アルミ合金
付属品インナーメッシュ×1
ポール×1、ペグ×15、ロープ×7
収納バッグ×1
ポール×1、ペグ×14、張り綱×4、
収納ケース×1
その他ダブルジッパー
テント入口は中央開き
スカートはポリエステル素材
ダブルジッパー
テント入口は中央開き
スカートはTC素材
価格17,000円34,980円

テントサイズや形は全くと言っていいほど同じですね!外見もそっくりです。

TOMOUNTテント
パンダTC+

TOMOUNTのワンポールテントは明らかにテンマクデザインのパンダTC+をコピーして、意識して作られています。

大きな違いは下記のとおり

  • インナーメッシュが付属しているかいないか(TOMOUNTには付属、パンダTC+には付属無し)
  • スカートの素材の違い(TOMOUNTはポリエステル、パンダTC+はTC素材)
  • パンダTC+はスカートをトグルでまとめられ空気のとおりを良くできる
  • ポールの直径(TOMOUNTの方が細い)
  • 価格(TOMOUNTの方が安い)

インナーメッシュが付属している分、TOMOUNTの方がコスパに優れていますね。

スカートの素材は個人的にはポリエステルの方が使い勝手が良いと思います。

雨が降った場合、雨粒が地面に当たって泥が跳ねてスカート部分は非常に汚れます。そういったときにポリエステル素材の方が雑巾でさっと拭えて綺麗にしやすいんですよね。

TOMOUNTのテントのスカート部位は茶色いポリエステル製で、テンマクのサーカスシリーズを彷彿させます。

一方で、パンダTC+のようにスカートがTC素材だと泥が染み込んでしまって、雑巾では簡単に拭えません。

ポールの直径はパンダTC+の方が太いため、テントの安定性はパンダTC+の方が高そうです。

また、パンダTC+の方がスカートをトグルで巻き、地面との距離をあけることができる分、換気性能が高いです。まあ両面の幕を開けば十分換気はできるのでそこまで大きなメリットにはならないですが…

パンダTC+

そして価格はTOMOUNTの方が圧倒的に安いです。パンダTC+はTOMOUNTのテント2つ分の値段ですね。

一長一短ですが、TOMOUNTのテントの方が短所が少なく、長所が大きく見えますね

TOMOUNTのレビューはどんな感じ?

カタログスペック上は、パンダTC+に比べてTOMOUNTの方がコスパが良さそうです。

しかし、そうは言っても気になるのは実際の使い勝手の良さ

TOMOUNTは中国メーカーなので不良品や品質が気になるところです。

そこで、Amazonから参考になりそうなレビューをいくつか拾ってきてみました。

薪ストーブで火遊びするちっちゃいソロ幕を探していて本品を購入しました(同メーカーから出ているタープも購入)。当方、冬用のTC幕はヘキサライト・エレメント、サーカスも所有していますが、設営・撤収の時間短縮を進めていくと、どうしても小さい幕にいってしまいます。テンマクのパンダも候補にあったのですが、再販まで待てなかったのと価格が高いですよねぇ。こちらはパンダと同サイズで価格が半額以下、スカートがポリエステル製ということ以外、性能面はほぼいっしょです。心配していた縫製も多少の荒さはありますが、ほぼ合格点です(中華製なので当たりハズレはあると思いますが)。サイズ的には想像通りでした。二股化して薪ストーブを入れましたが、コット置いたら幕内パツパツになります(私は最初から車中泊の予定だったので気にしてませんが)。ちなみにメッシュインナーは使用予定ありません。画像載せておいたので、よかったら参考までに。メーカーにこだわりがなく、ソロでこじんまりと火遊びしたいのであれば選択肢に入れても良いかと思う逸品です。

Amazonレビューから引用

色も気に入ったし値段も手ごろで良さそうだったので購入。
春キャンプに持って行って張ったところ入口ファスナーが片方途中から固くなり閉まらない・・・
テンションが掛かりすぎかと思い調整してみても同じで頑張って閉めると噛まないままファスナーが下りてきて半開き状態で風が吹くと入口が勝手にどんどん開いてくる。家に帰って負荷をかけない状態で試してみてもかなりの確率で同じ症状でした。
交換、返品しようにも期間が過ぎていて出来ず、中華製の当たりはずれを痛感することとなりました。
他は気に入っているので大変残念ですが押し入れの肥やしか粗大ごみになりそうです。

Amazonレビューから引用

初めてのソロ用テントでしたが、タイムセールでお安く買えて良かったです。ファスナーもスムーズな動きで、期待通りの良いものだと思います。初心者にも設営は楽だと思います。ロープが1本足りなかったので星1個減らしで。

Amazonレビューから引用

ほとんど良いレビューだったのですが、それなりに辛口なコメントもありましたので、そういったものを中心に拾ってきてみました。


コメントを見ると、やはりパンダTC+よりは品質の安定性は劣りそうですね。

  • ファスナーが閉まらなかった
  • 縫製が雑(値段相応)だった

等のコメントがいくつか見られました。一方で大満足というコメントも多かったです。

縫製は雑と言っても値段相応で十分通常のキャンプに耐えうるレベルみたいです

また、チャイナ製ということでLOTごとで品質に偏りがある様子。

コメント比から考慮すると、ハズレLOTを引く確率はそんなに高くなさそうですが、ファスナーが閉まらない等のハズレを引くとかなり残念なことになりそうですね。

12か月の安心保障付き!試し張りは早めにしよう!

こういったコスパ重視のチャイナ製商品の試し張りは早めにするに限ります。

幸いこのテントには12か月の保証期間が付いています。

【安心のサービス】高品質の商品だから、ご安心して購入してください。 ご購入後12ヶ月のメーカー保証が付いておりますので、使用中に何かお気付き点やお問い合わせがございましたら、お気軽に弊社までご連絡ください。※使用中に購入者が起こした損傷は含まれません。※

Amazon販売サイトより抜粋

レビューには実際にテントのファスナーが閉まらない・雑な縫製だった・部品が足りていなかった、ということで、返品対応をしてもらった方がいましたので、保証対応はしっかりしてくれそうです。

早めに試し張りをして、万が一ハズレLOTを引いてしまった場合は必ず返品対応をしてもらいましょう。

まとめ

カタログスペック上は、TOMOUNTのワンポールテントは圧倒的コスパに見えますが、品質(縫製)は値段相応のところもありそうです。

ただ、返品対応はしっかりおり、縫製も十分通常のキャンプに耐えうるレベルみたいですので、ハズレLOTを引いた際の返品手続きが面倒でない方、ある程度キャンプ慣れしている方(すぐにテントの不良を見抜ける方)は購入しても全然OKだと思います。

万人におすすめできるテントではありませんが、安価ながらに面白いテントと言えそうですね!

またほかにもソロ用ワンポールテントについて紹介した記事があるので参考にしてください!

パンダTC+と比較!アレンジ可能なソロ用ワンポールテント、バンドックソロティピー1TCは最強コスパだった…!
現状ソロ用のワンポールTCテントは種類が少ないですが、バンドックがソロティピー1TCという素晴らしいコスパのテントを販売しております。なぜこれがコスパが高いのか、、、同じソロ用ワンポールTCテントの雄パンダTC+と比較しながらレビューしていきます。
WAQ Alpha TCはアレンジ多彩なnewソロ用ワンポールTCテント!?テンマクデザイン,FIELDOOR,バンドックのソロテントと比較!
新たに販売されるWAQ Alpha TCについてのレビューです。テンマクデザインのパンダTC+、FIELDOORのワンポールテントT/C240、バンドックのソロティピー1TCと比較した結果付加価値モリモリのテントでした!
サーカスTCコンフォートソロが新発売!フロントフラップ付で付加価値モリモリなソロ用テント!
2022/5に新発売となるサーカスTCコンフォートソロについてのレビューです。ありそうでなかったこのテントのサイズ感で、ソロならば非常に満足なキャンプを約束してくれそうなスペックでした。やや値段はたかめですがオススメのテントです。
ソロ用TCワンポールテントの新たな雄!FIELDOORのフォークテント T/C280をパンダTC等と徹底比較
ソロ用ワンポールTCテント(ティピーテント)のレビューになります。類似製品のパンダTC+やバンドックソロティピー1TCと比較しながら、違いやその性能について評価しています。なんといっても特徴は2股化!メリットデメリットを含めてご紹介します。

それではー!

テント
スポンサーリンク
yuich.k0917blog@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆーのキャンプギア発掘

コメント

タイトルとURLをコピーしました