アウトドア用ホットサンドメーカーは『TSBBQホットサンドメーカー』で決まり!?おすすめな理由とレシピを紹介!

カトラリー、料理器具

こんにちは!管理人のゆーです!
今日はキャンプを楽しむうえでは欠かせない調理器具の1つであるホットサンドメーカーの紹介と、
実際に管理人が作っているホットサンドのレシピをご紹介します!

ホットサンドメーカーは管理人が使っているTSBBQホットサンドメーカーがおすすめですよ!

 

TSBBQホットサンドメーカーがおすすめ!

色々なメーカーを比較しましたが、私が重視した3つの点を全て満たしてくれたのは村の鍛冶屋製の『TSBBQホットサンドメーカー』でした。

基本スペックは以下のとおりです!

本体…アルミニウム合金(フッ素樹脂加工)
ハンドル…ステンレス/フェノール樹脂
重量:777g
サイズ:16×37.4cm
製造:新潟県燕市
製造メーカー:杉山金属
70年以上キッチンウェアを製造し続けてきた杉山金属。
独創的なアイデアあふれるキッチン用品はテレビ、雑誌などのメディアで数多く取り上げられる。
製造から溶接、塗装、商品梱包まで自社で一貫して行う。また古くからホットサンドメーカーの製造を手がけてきた。

ちなみに『TSBBQ』のTSは Tsubame Sanjoの頭文字をとったものとのこと。

さて、重視した3つの点は以下のとおりです!

  1. 市販の食パンのサイズの耳まで入ること
  2. パンの端がピッタリと圧着されること
  3. ホットサンドメーカーの両面が分離可能(セパレートタイプ)であること

それぞれ説明していきます!

市販の食パンサイズの耳まで入ること

これは私がケチっていうこともあるんですが、やっぱり市販の食パンサイズの耳まで入る鉄板の大きさが欲しいんですよね!

私が調べたところ、耳まで入らないサイズのホットサンドメーカーもそれなりにあるようです。
もちろん食パンの耳を切り落としたり、最初からパンの耳が切り落とされたサンドイッチ用を買うのも手なんですが…

どうせなら、どこでもお安く手に入る食パンをそのまま使えたほうが便利だし、何よりこんがり焼けた耳がカリカリでメチャウマ!でということで、選ぶ理由の1つになっています!

もちろん今回おすすめしている村の鍛冶屋の『TSBBQホットサンドメーカー』は通常サイズの食パンの耳まで余裕をもって入りますよ!

パンの耳が圧着されること

これとても大事な要素です!

ちょっと豪華なサンドイッチって、結構食べると中身があふれ出して手や洋服が汚れたりしませんか?
アウトドアグッズの上で食べていて、サンドイッチの具やソースがこぼれて、お気に入りのグッズが汚れてしまったらテンション落ちますよね…家と違ってすぐに水洗いも難しいですし(笑)

サンドイッチの耳が圧着できると、具がはみ出ることなく、また具の保温性が高まるのでいつまでも中身が熱々のホットサンドを食べることができます!

私が調べたところ、圧着できないホットサンドメーカーもそれなりにあるようなので購入時には注意しましょう!

『TSBBQホットサンドメーカー』はもちろん圧着可能です!

ホットサンドメーカーの両面が分離可能(セパレートタイプ)であること

この項目は調理面というより、衛生面で重視した項目です。

両面が分離可能(セパレートタイプ)でないホットサンドメーカーは洗うのが難しいんですよね。それというのもフライパンとフライパンの間の接着部とかの細かい隙間が生じてしまうためです。スポンジや洗剤が届きにくいんですよね。

一方で両面分離可能であると、そのような隙間も生じなく、洗浄も簡単に行えます。アウトドアなのでできれば洗浄は簡単であってほしいところです。

また、片面は普通にフライパンとしても使えるのも大きいですね!テフロン加工がされているので、焦げ付きも起こりにくいところも◎!

これもメーカーによって分離可能だったりなかったりで購入時には注意が必要になります!

『TSQホットサンドメーカー』は分離可能な構造となっていますね!

『TSBBQホットサンドメーカー』を使った管理人おすすめレシピ集!

ここまでホットサンドメーカーを購入する際に管理人が重視した点をご紹介してきました!

次は、管理人が重視する点を全て満たしてくれる『TSBBQホットサンドメーカー』で、実際に自分で作ってメチャウマだったレシピをいくつかご紹介します!
ちなみにパンは安売りの8枚切りパンがいい感じでした!

1. ハムチーズ

材料:ハム(たくさん)、チーズ(たくさん)、バター(適量)
手順:あふれるほどたっぷりいれて、ホットサンドメーカーにバターを塗り焼くだけ!\(^o^)/
感想:手抜きなのに最強にうまいです…(笑)

2. ガーリック鳥ハム

材料:鶏むね肉(1枚約300g)、マジックソルト(適量)、塩・砂糖(小さじ1)バター(適量)、お好みでチーズ適量
手順:
1.ジップロックに鶏むね肉、マジックソルト、塩・砂糖(小さじ1)を入れ揉みこむ。
2. 鍋でお湯を沸かしたのちに、ジップロックごと鍋に入れる。5分弱火で加熱後、火を止めて鍋をタオル等でくるんで30分待つ。
3. 火が通っていることを確認したのちに、鶏むね肉を程よい大きさにカットする。
4. ホットサンドメーカーにバターを塗り焼く
感想:マジックソルトのガーリックが効いて野性味あふれる味です!チーズを入れるとマイルド、さらにジューシーになります!

3. ホットドック

材料:ウインナー(2~3本)、ザワークラウト(適量)、ケチャップ、マスタード(適量)
手順:
1. ザワークラウトを購入または仕込む。手作りの場合は1週間ほど前からキャベツの重量2%の食塩でザワークラウトを作っておく(ザワークラウト手作りでgoogle検索!(笑))
2. ホットサンドメーカーにバターを塗り焼く
感想:簡単にドイツの味!ザワークラウトを挟むと一気に本格的になります!ビールが進む!(笑)

まとめ

いかがだったでしょうか?

以下の3点から『TSBBQホットサンドメーカー』をご紹介させていただきました。

  1. 市販の食パンのサイズの耳まで入ること
  2. パンの端がピッタリと圧着されること
  3. ホットサンドメーカーの両面が分離可能(セパレートタイプ)であること

キャンプでのホットサンドメーカーは楽しくておいしいし、テンションがあがりますよね!

TSBBQホットサンドメーカーは管理人のおすすめということでまとめさせていただきましたが、皆さんもおすすめのホットサンドメーカーや、レシピがあったらぜひコメント等で教えてくださいね!(笑)

それでは~!

カトラリー、料理器具
スポンサーリンク
yuich.k0917blog@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆーのキャンプギア発掘

コメント

タイトルとURLをコピーしました